エージシュート

精進を重ねたいものです。

日本シニアオープン選手権で、青木功(65歳)プロが五回目の優勝。最終日は65のラウンドでエージシュート。おめでとうございます。エージシュートとは年齢と同じか、それ以下のスコアーでラウンドすること。ゴルファーの夢です。

私のホームコースは、岐阜関カントリー倶楽部。9月27日。東コースがリニューアルオープン。
名匠故上田治氏の設計意図を残し、川田太三氏が設計、ワングリーン化しました。元々各コースが完全にセパレートされた、距離の長いコースでしたが、1番と18番を入れ替え、戦略性を加え、アスリートには堪えられない仕上がり。

2009年の秋には、日本女子プロ選手権開催が決まり、11年には岐阜国体の会場として使用されます。オープンから一ヶ月。お陰様で、評判も上々、盛況を博しています。

このリニューアルオープンを期に、関カントリー43年の歴史を顕彰する展示コーナーを設置。その委員会を担当。そこに飾った高松宮同妃殿下と役員とのオープン記念写真に、我が親父(当時45歳)がにっこり笑って納まっています。

親父は、こよなくゴルフを愛した割には、Hcp16。サウスポーでぎこちないスイングは定評。晩年は百獣の王(110)と為口叩いてのラウンド。そんな親父が、「一度はエージシュートを」と語って逝ったのが65歳。

DNAは嘘をつきません。サウスポーではないが、ぎこちない我がスイングは、亡き親父殿と瓜二つ。青木プロの65歳エージシュートは夢のまた夢ですが、責めて、関カントリーの50周年、65歳にはベストスコアーが出せるよう、精進したいものです。
                                Goto

投稿者: 後藤 日時: 2007年11月01日 07:32


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。