別状ない

富士の山より婦人の力

昨日は江戸。寒の入り、抜けるような青空。200kmを越すスピードで東進する「のぞみ」。読んでいた「お家さん」(玉岡かおる著・新潮社)からふと、顔を上げ、車窓に目を移すと。

そこには、一点の曇もない、冠雪を頂いた「富士の山」。絵葉書。銭湯の壁絵。広重の版画。風景画、写真。古今東西、いかなる、「富士山」も、目前の、美しさには、及ばない。

思わず。合掌する。

本に目を落とす。大正から昭和のはじめ、神戸を本拠に、近代国家の一翼を担った、幻の商社・鈴木商店。その巨船の頂点座した「お家さん」と呼ばれた、ひとりの「女性」。時代に翻弄される運命の物語。

商社の繁栄。衰退。女の幸せ、不幸。それに、国際社会への挑戦、失敗。そして、事業の起業、倒産。激動の時代を生き抜いた彼女の口癖。それは「別状(べっちょ)ない」。

その意味は、心配ない。どーてことない。大したことはない。なんだろ、が、私にはもうひとつの大きな意味があると、その「お家さん」から学んだ。

それは、「富士の山」より、大きく、美しく、そして、ドンと構えている「日本女性」の強さ、気高さだ。

人口の半分は、この強く、気高い女性達だ。日本の経済。この不況に迷路を彷徨うがごとく、右往左往しているが、所詮人間のやること。「別状ない」。「別状ない」。「べっちょない」。
                      Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年01月25日 06:13


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。