泣き虫

涙腺緩症候群!即、入院だ。

こんなに泣き虫だったかな?気が弱くなったんじゃないかと。歳を取ったんじゃないかと。トイレの鏡に映る目を腫らした情けない顔に、異常を感じ、苦笑い。

昨日は、早い時間にひと仕事。お陰で時間に余裕。大好きな山田洋次監督、憧れの女優吉永小百合さん主演の映画「母べえー」(かあべえ)を観た。

ぜひ、若い人に映画館に足を運んで貰いたい。寅さんもいい。武士の一分もいい。しかし、この作品は山田監督の最高傑作。

争いのない社会がいかに幸せか。そのために、自分が、何をしてきたのか?何が出来るのか。考えさせられると同時に。涙が止まらなかった。

大阪国際女子マラソン。福士加代子さん。頑張ったね。転んでも、コロンでも、ゴールに向かう。手に汗して、頑張れ!頑張れ!。彼女に感動。ありがとう。と感謝が口に出て、涙が溢れてしまった。

相撲の醍醐味中の醍醐味はがっぷり四つに組んで。力の限り引き付け合う相撲。14戦全勝で両横綱が千秋楽結びにと、予想したが。大一番だったね。まさに大相撲だった。

真剣勝負。って、凄いね。直向さ、必死さが、テレビ桟敷にも、ひしひしと伝わり、仕切りの最中から、目頭が熱くなって来た。勝ち名乗りを受ける白鵬の目に涙が浮かんでたね。それを観て、泣いたよ。

一日に三度も涙。これは、歳のせいでも、気が弱くなったんでもない。間違いなく、涙腺緩症候群(通称・泣き虫病)だ。

治療方法、あるのかなー。名眼科医が友人だ。相談してみよう。
                                     Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年01月28日 06:05


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。