あの問題

構造改革の旗は何処へ行ったの?

「あんた。岐阜だってね。あの問題どうなってるの?」聞かれるわ。聞かれるわ。何処に行っても、誰に会っても聞かれる。うんざりだ。

テレビのワイドショーばかりか。新聞でも連日報道。19日の地元朝刊二紙は、一面トップ。総理の施政方針もぶっ飛んだ。新聞一面に芸能もどき報道は止めてほしいものだ。

岐阜市民をバカにしないでもらいたい。市民は、冷静ですよ。この二年半近く。ジーと見てましたから。「あの問題」の本質が何処にあるのか。よく分かってます。

あの総選挙は、なぜ行われたのか?構造改革を進めるのか。既得権益を守るのか。だったはず。

ガソリン国会が始まった。「地方対庶民」といった、分かりにくい対決に持ち込もうとしているが。本質は、規制の枠を取り払い構造改革を進めるのか?それとも、既得権益を守ろうとする抵抗勢力との戦い。ごまかされてはいけない。

「あの問題」に聞かれて答えるんです。「岐阜の老化、限界に近い。嫁二人はいらない。若い活力が欲しい」って。
                    Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年01月22日 06:03


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。