約4万4千人

心を開く人、閉じる人。

気の遠くなる研究に「えきがく」調査がある。
人相、手相、占い、風水といった類の「易学」ではありません。

病気や健康状態について特定の多数集団を対象に、その原因や発生条件を統計的に明らかにする学問。「疫学」のことです。(対象が違うが、広告のマーケッテング調査も、同傾向の学問か?)

「疫学」調査がなぜ、気の遠くなる研究かと言えば、対象サンプルが多いほど、調査期間が長いほど、その結果に信憑性があるからです。

厚労省研究班が、こんな疫学調査結果を発表をしました。

約4万4千人を対象に「心が落ち着き安心できる人がいますか」「週一回以上話す友人の数は」などの4項目を点数化、「とても多い」「多い」「ふつう」「少ない」に分類、10年間調査。

そのうち、1057人が脳卒中を発症し、327人が死亡。

で、「周囲に、支えてくれる人」の「少ない人」と「多い人」と比べると、脳卒中で死亡する危険性が1,5倍に高まると。

調査結果のまとめは「脳卒中になってから回復するには、心身の支えとなる身近な人の存在が重要」としている。

また、ブログが長いと叱られそうだが?

この気の遠くなるような手間をかけた疫学調査結果。あなたは、どう思いますか?

脳卒中は身体の自由を奪う病です。人に心を開かない人は、人を支えることも、人に支えられることも、ない。私は、この疫学調査に、深く考えさせられました。
                               Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年02月08日 06:07


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。