JT、その2

ご存じないかも知れませんが。
昔、たばこは、専売、国営でした。

今は、日本たばこ産業株式会社。
この世で、不思議な商売をする民間会社です。

手元流動資金は、昨年、2兆2500億円で、英国のたばこ会社を買収しても。
1兆1850億円あります。日本有数の優良企業です。

ともかく、消費者に「身体に悪い」買うなと、広告。
それでも、買うなら。値上げするぞ。と。

そうだ。そうだ。と消費者から、値上げ賛成運動が起こるんです。

原価は上がるが、価格は上げられない。一般の企業は苦労しているのに、
不思議でしょう。

07年の国内たばこの売上7293億円。
営業利益は33%。2453億円。
海外たばこ事業でも売上5503億円。営業利益810億円

儲かりすぎですから、やっぱり、値下を。などと言おうものなら。
消費者から袋叩き、えらい騒ぎになります。

そこで、その潤沢な資金を元手に、たばこ株式会社が始めたのが、
世界をまたに掛けた、食品事業。

JTの社長「日清と共同で加ト吉を買収。我社は、食品業界再編のコアになる。
日本に限らず、国際的に資本・業務提携を進める」と。鼻息が荒い。いや、荒かった。

中国産冷凍食品はJT食品事業の花形。

たばこの値下げに怒る消費者。
農薬混入餃子には、たばこ屋さんが、食品なんかと、また、怒るかも?

「JT」何をやっても、消費者に叱られるなら。
いっそ、昔の専売公社に戻ったらどう。

政府。税収も不足だし、消費者の怒りには慣れっこだし。
                    Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年02月18日 06:28


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。