高齢社会

医師不足に思う。

子供の服を、兄弟で使い回しする。
戦後、衣類不足の時代、当たり前でした。

私は、兄弟がいません。集合住宅(県営アパート)に暮らしていましたので、
大半は、近所の兄貴分達のお下がりでした。

それで、何の不満も、違和感もありませんでした。
それが我々団塊世代以上が味わった、つつましい時代でした。

だから、私なんぞは、今でも、着るモノは、捨てるのがもったいない。
清潔であれば良い。流行なんて、着手次第だと思っています。

そのせいでしょう。
新しい衣料品を買うとき、妙に、抵抗があります。
古いモノを、再利用できないか?と、一度は発想してみます。

しかし、古くなったモノを、再利用するより、
新しいモノを買った方が、経済の活性に繋がり、便利だ。

消費社会のそんな考え方も体験、よく理解できます。

高齢社会。年齢を重ねれば、身体の何処かしこは、傷んできます。
傷む人が多くなれば、それを、修理する人も多く必要です。

高齢化の進む、山間へき地、医師不足が深刻。

厚労省は、医師の増員を検討していますが、
一人前の医師になるのは、医学部入学後、15年は掛かります。

とても、高齢者の修理に間に合うとは思えません。

しからば、どうするのか?
消費社会に毒された世代ですが、一方では、衣類を使い回した世代。
無理に修理しないで、使い捨てる。それでも、良いのではないか、と思います。

これ以上、修理しても、所詮は、古着。
若い頃に戻るわけでもあるまい。

これからの時代。若い人に借金を回したら、それは、大変です。
高齢世代。新品が欲しい。満足な医療を受けたいなどと、要求せずに。


あの時代に戻ろうよ。これくらいで良い。
足るを知ろうよ。

そうすれば、高齢社会、社会保障費も削減できて、
次世代に負担を掛けずに済むではないか。
                         Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年02月25日 06:21


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。