重症

季節の変わり目です。
長く伏せて居た人が亡くなるのもこんな時期です。

寒暖の差がそうさせるのか?
前の季節(冬)が彼方に連れていくのか?

自然は若芽、陽光と輝き始めるのに。
人は巣立ち、次のステージへと旅立つ季節なのに。

世の習いとは申せ、寂しい限りです。

そんな折。悲しい記事を読みました。

モノを買えば対価を払います。サービスを受ければ報酬を払います。
人間社会の最低のルールです。怠れば、それは犯罪です。

この国に生れ、生かされている限りは、それ相応の税負担をします。
国民の義務です。義務を果たすから、社会インフラの恩恵を受け、安心して暮らせるのです。

岐阜の県立3病院の治療費未収金が昨年度末で1億6325万円にのぼるそうです。
1999年度6900万。2004年度で3倍に膨らみ。時効が、5年から3年に短縮で損金処理。

病人の治療費未納が後を絶たない。その額は急激に増加するばかり。かなり重症な話です。

民間の医療機関ならば、放置しているだろうか?
普通の企業ならば倒産です。

治療費が払えない社会とは、どんな貧困社会なんでしょうか?
普通なら難民が出る話です。

受けたサービスに対価を払わず、ねこばばが許されて良いのでしょうか?
法治国家ではなく無法国家です。

医療だから。命に係わる問題だから。公的機関だからといって、寛容に見過ごせば、
多分、ねこばば患者は、心の病を併発し、完治しないでしょう。

払えないなら、払えないで、仕方がない。然るべき機関に援助を求め、事後の相談をするべきです。
その勇気さえもないならば。とんでもない重症社会、寂しい限りといわねばなりません。

ご先祖さまになんと、申し開きするんでしょうかね。
                               Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年03月13日 06:16


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。