アンテナ

人間関係は難しい。

人は何かの行動を起こすとき、前兆を発する。
緊張感を持ってアンテナを張ってれば、大体分かる。

学校で黒板の端に「遅刻、早退、欠席」と記された教室を見かける。
その欄に名前が書かれれば、その生徒に異変が起こったことになる。

会社でも同じ。出社や会議に遅れたり、早退したり、欠席すれば、
生活が乱れているか?やる気が乏しいか?他ごとを考えている。

決められたこと。決めたことが、できない。
あるいは、意識してやらない。のは、

どこかに不満があるのか?皮肉れているのか?
なまかわか?のどちらかだ。

人は一人では生きられない。誰かに助けられ、生かされている。
集団生活する生き物だ。

しかし、不精や天邪鬼は別にして。不平不満がある場合、
積極的に改善、改良してそれを取り除こうと、考えるより、逃避する道を選ぶ方が多い。

そうなると、集団に抵抗を始める。遅刻、早退、欠席。と行動を起こす。
起こされた側がどの程度、それによって迷惑をこうむるのか。影響があるのかは考えない。

そのくせ、反対の立場に立つと、相手をなじる。親が、先生が、上司がそうだ。
子供でも大人でも、みな同じだ。

大切な人が、異変や他ごとを考えていると、アンテナが感じたら。
遠慮は無用。積極的に、その懐に飛び込むことだ。

その勇気、情熱、努力が良い人間関係を生む。
待っていては、何も得られない。

遅刻、早退、欠席。とても分かりやすい、人の判断基準だ。
人間関係は難しいが、新年度が近い。新しい出会いに、良き関係を築きたい。

アンテナを磨いて。日曜の朝に思う。
               Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年03月16日 06:21


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。