区切り

球春です。

センバツに続き、プロ野球が開幕しました。
春ですね。

我等が中日、初戦は広島と引き分けましたが、それは、愛嬌。
土日と二連勝。これで、今年の完全優勝は決まりです。

対抗は阪神。何処まで、喰らい付いてくるのか?楽しみです。
セリーグの興行にも影響します。お盆明けまでは、頑張って欲しいものです。

なりふり構わず、四番打者や最速ストパーを「大金」で補強した巨人。
それが、出足から、資金難のヤクルトに三連敗。

もがいても、もがいても、後手、後手に回り、凋落傾向に歯止めの掛らない。
どこかの政党に似ている気がしてなりません。

この三連敗は、解説者の言を借りれば、調整不足だそうです。
しかし、そうでは、ないと思います。

昔の名前でなんとかなる。腕ずくで、ねじ伏せれると高をくくっている、そんな驕り。と、
まじめに準備もせず、だらだらと、本番を迎えた結果だと思います。

他球団や世間をなめて掛った報いとは、思いたくありませんが。
スタートにあたっては、きちんと、区切りを付けて望まねば、との教訓と受け止めたいです。

明日、4月1日は我社の2008年度の開幕です。

今日一日。積み残しや先送りせず、07年度にきっちりと「区切り」を付けて、
最高の一年を迎えたいものです。
                     Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年03月31日 06:03


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。