雪漫々(ゆきまんまん)

広告は社会を覆う、白い雪。

昨日、しばしの別れの挨拶にと「ぐい飲み」を頂きました。
その円錐のお洒落な陶器で、
これまた、頂いた、山形天童の銘酒、出羽桜酒造の「雪漫々」を、万感の思いで味わいました。

東北、寒い地方の酒は、どれも、日本酒党を楽しませてくれます。
本来、日本酒は、一年酒。絞りたての新酒が旨いものです。

それが、この「雪漫々」は、マイナス5度の「酒眠蔵」(日本酒にこんな貯蔵蔵があるのを知りました)で、
5年間ゆっくり、ゆっくり熟成させたそうです。

ラベルには、歳月は酒の角をそぎ、奥深い吟醸香のまろやかな味わいに仕上がり、
まさに、枯淡、上質上品な大吟醸大古酒と。

日本酒の古酒は、黄みをおび、濃い味。通としては邪道だな、との認識でしたが、

この「雪漫々」(氷点下のせいか、透明)は、「ぐい飲み」とマッチしたのか。
久々に、一味違い。思わず「旨い」と。

ぐい飲みの送り主は、我社で広告修行をし、「コピーライター」の道へ巣立つ。
熟成期間は満4年間。蔵出しには、チト速いかもしれないが、大丈夫。

中広の「醸造蔵」は何処にも、誰にも、惹けは取らない。
ここで、醸造した君は、どこに出しても、恥じることはない。

大向こうを唸らせる「広告コミュケーションツール」を創造してくれるだろう。

漫々たる雪がすべてを覆い埋める、山も畑もたんぼも、小川も木立も
やがて、動くもすべてを空と地の境もなく。白、白、白・・・・・・

純白の心を持って巣立つ君に「雪漫々」の、このコピーを送ります。
                                   Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年04月01日 05:45


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。