気概

自立主義に舵を。

少し状況が変ってきましたが、

全国の都道府県、市町村の首長が、
こぞって、暫定税率の期限切れに反対したのには驚きました。

その理由。よくよく聞いてみますと、
一度組んだ予算を組み直すのが面倒である。(予算が削減されるから、組み直すのが難しい)
中央官僚(国交省)に睨まれ、今後の補助金、交付金の配分が減らされるのが怖い。からだそうです。

それを、行政サービスに支障が起こる。と、国民を人質にして、論理をすり替えています。
情けない話です。

予算不足ならば、人件費に手を付け、サービス維持の決意を示したらどうですか?
大阪の橋下新知事は、前体制の予算案に責任が持てないと、6月までの暫定予算を組みました。

賛成すれば、中央からの、どのような意趣返しが起こるのかを、情報公開してはどうですか?
中央に阿(おもね)る、媚び諂(へつら)う姿勢は、もはや、55年体制のトラウマでしかありません。

名古屋市は、17政令市で唯一、中央省庁の職員を受け入れていません。
「国からの出向者ゼロ」を24年間も続けています。

記録に残る限り、84年に建設省中部地方建設局の職員を
河川浄化対策室長に就任させ、そのまま定年を迎えた一回だけだそうです。

名古屋市人事課は「国との連絡、調整役として、東京事務所を置いている」と気概を示しています。
この「自立主義」。二言目には、国との関係にビクビクする首長には見習って欲しいものです。

暫定税率を巡って、政治の緊張度が増してきました。
地方の首長は、行政のトップであると同時に、政治家です。

昨年の参院選以降、この国は変革期を迎えました。何も怖れることはありません。
気概を持って、中央にもの言う、「自立主義」をめざして欲しいものです。
Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年04月09日 06:22


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。