再起動

200と50

そうなるといいな〜。
理想と現実の狭間でそんな思いを抱くことはありませんか?

理想を描き、その実現に燃え、まい進できるのは
とても、幸せなことです。

しかし、現実はシビアーです。
相当な決意、異常なまでの信念がなければ、それは、挫折します。

ましてや、個人の望みや夢ならば、その実現は容易かもしれませんが、
こと、国家の目標、あるべき姿(かたち)を描き、それを貫こうとすると、それは命がけです。

国会のねじれが、国民のフラストレーションを高めています。
与野党には、それぞれ、言い分があるのでしょう。メディアの報道の仕方にも問題があるのでしょう。

しかし、国会の慣習や、手続き論に焦点が当たるのは、
やはり、お互い、国会運営の技術、技巧に走り、そこを攻撃材料にしているからなんでしょう。

経済は疲弊、生活は重苦しい。そんな鬱積した状態。
とても、国民のために、命を掛けて戦っているとは思えません。イライラです。

一昨日の新聞。読売です。思わず目が留まった、記事がありました。
何々。選挙制度の改革。衆院200・参院50にしてはどうか?と。

どこの、誰が?こんな夢のような、理想を唱えるんだ。
え〜?驚いたな〜。自民党国家戦略本部がまとめた政治制度の抜本改革だって?

衆院は定数200、単純小選挙区制。参院は定数50、個人名投票の全国区制。
参院の立候補資格は衆院議員、首長、地方議員10年以上の経験者に限定。

さらに、道州制を導入、全国10程度の「州政府」を作り
消費税を州政府に税源移譲すると。

この改革案は、ものすごい、革命だよ。国家百年の大計だよ。
生半可な決意や、へなちょこ信念では、一笑に付され、葬り去られる。

でも、国民投票法の規定により2010年には、憲法改正の発議が可能となることを
視野に入れて作成されたもの。近く同本部総会で了承の上、福田首相に提出すると言う。

これは、本気だぞ。本物だよ。大変なことだぞ。だれだ?
こんな、そうなるといいな〜。を大胆に提案できる、自民党の政治家は?

なるほど。彼か。彼なら、命を掛けてやるよな。
いかなる、困難も、信念に基づいて、異常なほどの情熱で、やるよな。

えっ。彼って、誰だいって?そりゃー決まってるじゃないか。
変人ですよ。そうです。この本部長は、あの小泉純一郎ですよ。

この時期の、この発表。
ふたつの思惑が伺えます。

一つは政界再編の結集軸としての「政治改革」の旗を立てた。
もう一つ、後期高齢者の医療費負担増、甘えは許されないと国民に迫った。

郵政民営化にまい進した彼が、
大きな政治のうねりに、再び始動し始めた。と、

この記事の行間は訴えていると、読みました。
                                     Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年04月20日 08:19


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。