スタグフレーション

死刑に処する。

チョット恐ろしい現象だと思う。
広島光母子殺害事件の差し戻し控訴審の世間の空気。

遺族の冷静で沈着、無念さを押し殺しての、論理的な会見をテレビで観ると。
妙に、ホッとした気分で、納得できてしまう。

被告が罪を認め、率直な反省があれば、多分無期懲役であったろう。
長すぎる裁判に疑問。判例蹈襲の司法の在り方を越えた判決を評価する。と述べる姿に。

おもわず最だと、頷く。六法全書を開いたこともななかった彼が辿った道のりは、
辛い長い9年間だったと思う。頭が下がります。

しかし、「死刑」判決報道に、何故かしら、ホッとする私の心理。
これが、軽薄な私だけなら良いが、社会現象化するなら、それは恐ろしいことです。

何故なら、この判決で、遺族の無念は晴れるでしょうか?
死刑廃止論者の弁護士達が、「虚偽の弁解」で、自ら死刑囚を生みだした・・・・・。

日本社会に突きつけられた重い課題です。
それを・・・・・・・・。

景気の停滞にも拘わらず、物価が継続的に上昇し始めています。
このやり場のない、重苦しいスタグフレーション。

この事件の判決「死刑に処する」が、経済不況下の世間に、一服の胃薬のような、
ホッとする現象を生みだしているとするならば、

言いようのない寂寥です。
              Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年04月23日 06:14


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。