親として。その2

恥ずかしくないか?
希望に胸膨らませ、高校に入学するわが子の入学金が収められない親は。

何を考えているんだ。
子供が入学すれば、入学金に授業料が必要なのは、あたりまえだろ。

それも、三月に試験。四月に入学。日本中同じだ。
この問題を社会問題にすり変えてはいけない。

経済的な事情が理由、だから、国の責任。国が格差を助長したのが原因。
制度が悪い。援助、補助すべきだ。子供の意欲、気持ちを守れ。

そんな、我儘な要望に耳を傾けてはいけない。
これは、すべて扶養者である親の責任です。それ以外に、誰の責任でもありません。

子供には可愛そうだが、入学金を納入しなければ入学できない。
その現実から目をそらさせては、いけない。と思う。

高校だけが人生じゃない。
それ以外の道を選ぶべきです。

授業料の滞納も同様です。

親の怠慢、横着以外の何物でもありません。
景気の悪化は生活を圧迫しています。

授業料の支払いに事欠く親も出てきます。
それには、授業料減免制度や奨学金制度、学費免除の措置など、対策が講じられています。

恥ずかしくとも、面子が無くなろうとも、
真剣に、子供を思うならば、それらの援助を受ければいいのです。

しかし、支払い能力があるのに納付しない親を、どのように考えればいいのでしょうか?
法的措置をとると発表した茨城教委では、滞納額が減ったという。

子供は親の背中を見て育つと言います。
法的な脅しに慌てて、納入する親を、子供はどうみるのでしょうか?

06年の入学金未納者数867人。
同、授業料滞納の7181人。

この悲しい現実の裏には、
誰も責任を取らない社会構造。

誰かがいつか、なんとかしてくれるという
甘えの構造があるのではないか。

その構造が親としての責務を放棄して、
尚、厚顔にも生きていける社会を構成しているとしたなら。

この国に未来はない。
                 Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年04月26日 05:58


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。