椎の木

山河あり。

故郷の街、岐阜市、その中心にデンと構えるのが金華山。
私はこの山に抱かれて育ちました。今もともに暮らしています。

五月、桜が、葉桜となり、緑が一段と濃くなりますと、
周辺には、臭気が漂い、山がカリフラワー状のもこもこした花を付ける樹木に覆われます。

遠目で見ますと、その花が黄金色に輝いて見えます。
それで、この山を「金華山」という。と、昨日の地元紙に写真付きで掲載されました。

へ〜。金華の名は、この木の花を差すのか?この木が「岐阜市の木」になっている?そうです。
この山で育ったわりには、その由来も、「市の木」だということも知りませんでした。

拙宅から、金華山は目前。春山は笑う、と、申しますが、
この数日で、一気に色が変わり、見事に満開。山が高笑いしている感じです。きれいですよ。

記事によりますと、この木の正式名は「ツブラジイ」(ブナ科)。
街中でこれだけ群生しているのは珍しく、花の見ごろは、今月の中旬までだそうです。

この木は地元で「椎の木」と呼ばれています。
花よりも、秋に実る球形の6〜13mmの堅果の「実」のほうがどんぐりとならんで親しみがあります。

どんぐりは食べられませんが、椎の実は、食用になります。
子供のころ、袋に一杯拾い、フライパンで、炒って、食べたものです。

山の名も、木の正式名も、その木が「岐阜市の木」だと知らなくても、
疲れたときも、悲しいときも、嬉しいときも、怒ってるときも・・・・・そこにデンと構えてます。

「あなたの故郷って?何ですか」と問われれば、山河です。と応えます。
我が愛する故郷、金華山の高笑いに、勇気付けられる、五月雨の朝です。
                              Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年05月10日 06:06


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。