フーテナニー

フランシーヌの場合は、あまりに〜も突然・・・・・・

私は、音楽に興味も、関心も無く、ここまで、人生を歩いて来てしまいました。
だから、ドひどい音痴です。でも、音楽って不思議なものですね。

学生時代、誰もが、ある程度は音楽に興味を持つのでしょうが、
私が、熱くなったのは、運動部、それも、当時(1960年代後半)、はやりの学生運動。

そのせいでもないんですが、音楽には縁がありませんでした。自分から、コンサートや、
ライブを聴きに行くこともなく、勿論、レコード(古いですね)も、CDすら、買い求めたことがありません。

ですから、自ら、歌を歌う、楽器を奏でる、なんてことは、夢のまた夢の世界です。
カラオケなどは苦手中の苦手。もっぱら手叩き要員です。

そんな私が、ちょっと聴いてみようかな。と、「お気に入り」登録の尊敬する方のブログを読んで、
初体験、CDを購入しました。

そのCDは、アコギの第一人者??フォーク界の大御所?吉川忠英のアルバム「フーテナニー」です。
ですが、名うての、音楽音痴。アコギって?。なんだ?詐欺師のことか?

と思いましたら、アコースティックギターの略だって。(エレキじゃなくて生ギター)
フォーク界の・・・・といえば、私の知ってる範囲は、吉田拓郎。それに、え〜と、高石ともや。

新谷のり子。フランシーヌ・・・・それから、地元の坪井のりお、
戦争を知らない・・・・・の杉田二郎・・・・・・ま〜そんなとこ。吉川なんて、まったく、知らないな〜。

と、ぶつぶつ言いながら、聴いてみました。

なるほど、妙に懐かしい。青春の血がたぎった頃が思い出される。それに、新鮮な気持ちになる。
そして、妙に、仲間に加えてよ!って、感じるほど、楽しそう。元気が出る。

吉川っていくつ?フーテナニーって、どんな意味?
彼は1947年生まれ。団塊世代。それじゃ〜同世代。

フーテナニーって?1968年に発足した、「関東学生フォークミュージック研究会連盟」だって。
へ〜。学生運動で熱くなってた頃。このCDは、その匂いなんだ。だから、あの感覚が蘇るんだ。

音楽に全く関心がなかった私でも、そのころの音楽に触れますと。
人生と同化してるのでしょう。血肉になっているですね。

音楽の不思議を感じます。
音痴も関係ないんですね。
              Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年06月12日 06:02


本当にアルバム「フーテナニー」をご購入いただいたんですね。喜ばしい限りです。理屈なしに楽しく懐かしいアルバムです。音楽とは本来そういうものです。吉川さんとは、夏川りみちゃんを通して知り合いになりました。ゴルフも大好きで、年に一度くらいやってます。

投稿者: リミスキー・コルサコフ | 2008年06月12日 23:22

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。