夏休み

公立学校にも冷暖房を。

日本列島。今週がこの夏で最も暑い週になりそうとの予報です。
盆休みの週でもありますから、鋭気を養って、リフレッシュしたいものです。

広告の仕事は、お客様次第。
観光地や流通業には盆も正月もありません。我社もお手伝いをさせて頂いておりますので、
この時期に夏休みを取れないスタッフもいます。

全社一斉に休暇と行かないのが、この仕事です。
仕事の流れや、タイミングを図って、効率の良い夏休みを取って欲しいものです。

今月号の生活情報誌。「ぽろん」(桑名市エリア・48140冊発行)表紙が好評です。
小学生の「夏の思い出」と題して三枚絵(寺町美術教室提供)が表紙を飾ってます。

蝉取りの風景。プールでの水泳。家族での花火見物。と。子供の夏休みの定番。
なぜか、表紙を見ながら「あの夏の友」を思い出し、哀愁を感じる・・・との声も。

私たちの心には、様々な夏休みの思い出や、
夏の出来事が残っているんですね。

近年、公立小中学校の夏休みを短縮する動きが全国に広がっています。(全国10%が実施)
夏休みの日数は教育委員会が決めるそうですが、寒冷地を除いて42日がベース。

短縮の理由は学力向上のため授業時間をひねり出すのが、目的だそうです。
長短、賛否両論、様々な意見があると思いますが、

先生は、どうか?わかりませんが、子供は休みが多い方が。親は学校に行っててくれた方が、
と、望んでいるのが、一般的なようです。

埼玉県秩父市では、昨年から小中学校全校で、8月末の五日間を繰り上げたそうです。
そのために、各教室に扇風機を設置したそうです。

夏は暑いから、学校は夏休み。「う〜ん」。待てよ。夏休みが設けられた由来は、そもそも学校には冷房の設備がない、暑くて勉強がはかどらない。だから、夏休み。が理由だった、ハズ。

だとすれば、公立学校の授業環境を良くするためにも、冷暖房の設備を設置してはどうか?
中国四川省の地震による学校崩壊を眼のあたりにしたんですから、その改築と合わせて。

扇風機などという、中途半端(我が寝室は今年から扇風機ですが)な冷房器具を使用せず、
思い切った予算を付けてはどうかと思います。

教育に予算を掛けられないような国は、学校崩壊どころか、国の崩壊です。
予算がなければ、社会保障費を削ればいいですよ。

仕事の都合で祝祭日も、盆正月も休めず、働く親にとっては、一ヶ月以上の夏休みは、
子どもと休みを合わせ、一緒に過ごせる唯一の期間。

今年の夏休み、猛暑ですが、一生の思い出を作って欲しいものです。
                             Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年08月12日 05:47


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。