装飾品

日本のプロ野球大丈夫かな〜

野球は、いつのころから?そんなに装飾品を身にまとって、
プレーするスポーツになったのでしょうかね〜(五輪日本代表の試合を観ていて)

肘あて・・・投手の投げたボールが腕に当たらないよう防御する。(腕が自由に動くんですかね?)
脛あて・・・自分で打った打球が脛に当たらないように。(これは痛いですからね)

手袋・・・バットが滑らないようにする(分かりますが、その手袋にロージンバックで滑り止めを付ける)。
(手袋に、唾する選手もいますね。観てても、綺麗じゃないですね。)

もう一種類の手袋?打席で使用するのとは違うもの。それも、塁上で手に握って走る手袋?
不思議ですね。(手袋は手に嵌めるものだと、思ってましたが。)

まだあります。マウスピース?・・・打者が、舌を噛まないように、銜えるのでしょうか?(ボクサーのとはどこが違うんでしょうか?舌を噛み切るくらい、振り回しても、三振が多かったですね)

リストバンド・・手首が痛いのか?汗を拭くのか?
それに、アームバンド・・・腕力を強化するんでしょうね。忘れてました、それにサングラス。

何んとも日本の一流プロ野球選手の装飾品は、凄いですね。
(これでは用具にコストが掛り後進国や途上国での普及は難しいですね)

野球のスタイルは、ユニホームと帽子。ソックスとスパイク程度。
あとは、グラブとバットとボールのスポーツだと・・・・・と思ってましたのに。


それに、監督、コーチが首に巻いてるのは何ですかね?野球とどんな関係があるんでしょうか?
お守りですかね?まさか、肩こり、首こり防止の健康器具じゃないでしょうね?

防御の器具を身に付けるのは(過剰だと思いますが)、それなりに、分かります。
しかし、健康器具を試合中に付けるのはどうかと思いますね。(チャラチャラしてますね)

皮肉交じりで、ごめんなさい。
五輪野球の三位決定戦。不甲斐ない試合の原因は、日本選手が身に付ける、多くの装飾品が気になって、野球に頭が回らなかったからでは?と思ったもんですから。

五輪の結果は、プロが、プロ意識に溺れたんでしょうね。難しいものです。
五輪での野球廃止が、日本のプロ野球衰退の引き金にならねば良いがと、心配です。

ついでに、お詫びします。我等が中日の選手が、全国の野球ファンの金メダルへの期待を裏切ったこと。彼らに成り代わって、申し訳ありません。

それから、阪神、巨人ファンにお断りします。彼らは頭を丸めてペナンレースに戻ります。
残念ですが、ペナントは譲ります。が、クライマックスシリーズではセリーグの代表になります。

そして、日本シリーズで、手袋を握り、装飾品を身にまとい日本一を連覇します。
ので、プロ野球を見捨てないようにお願いします。

一足先に、頭を丸めた落合監督の先見性に驚きながら・・・・・・・
                                     Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年08月24日 05:42


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。