シナリオ

こんな茶番劇で、すんなり行きますかね?

「事実は小説よりも奇なり」だから、生きているのは面白い。
人生、過去も現在も未来も、思うに任せれれば、そんな楽なことはないが、そんな詰らないこともない。

人は、誰でも、明日何が起きるか分らないから、今日を精一杯生きている。
変えることのできない過去と決別して、未来を夢見る。だから、生きていけると思う。

世の中を動かすのが政治だとすれば、シナリオ通りに、政治が動くと考えるのは間違いだ。
この退陣劇。どうも、ポスト福田のシナリオを書いている人が居るような気がする。

岐阜の田舎暮らし。特別な情報が手に入るわけでも無いし、特別な能力がある分けでもない。
新聞を隅々まで読む以外、テレビの報道番組を見る程度だが、どうもおかしいと思う。

どのようなシナリオかというと、早々と総裁選に名乗りを上げた麻生氏。
彼は禅譲を受けた。後は、バラエティーに富んだ、複数の候補者を立て、茶番劇を演出する。

それを、マスコミが連日、煽る。総裁選が盛り上がる。自民党の人気が出る。麻生新総裁誕生する。
首相に就任する。大幅な財政出動で大胆な景気浮揚策を講じる。

それで、衆院を解散、総選挙が行われる。自民党が勝てばそれは、それで良し。
負けるにしても、近差なら野に下っても良し。政権交代容認。

新政権は、細川内閣同様、内紛で、早晩自滅。そこで、与党民主党の分裂。自民党政権復活。
そこまで、三年以内。その間の混乱はやむなし。ざ〜とそんなシナリオです。

誰が書いてるか想像は付きますが。
過去の反省もせず。混乱の責任もとらず。権力欲に走るだけで、国民軽視もはなはだしい
シナリオですが、結構、的を得てると思います。

で、この数日間で総裁選の候補者が出そろうと思いますが?
そこまでは、目論見通り。賑やかな、面白い総裁選が始まるでしょう。

でも、果たして、シナリオ通り、麻生総裁が誕生するかどうか?
私は、すんなりいかないと思います。

「事実は小説より奇なり」全く意外な展開になると思います。

なぜなら、シナリオライターにとっては、そんな楽で面白いことはないでしょうが、
国民は、明日何が起こるか分らないから、明日を夢見て精一杯生きているのです。

世の中を動かすのが政治なら、
その政治を動かすのは、政治に目覚めた国民だということをお忘れなく。

それにしても、こんな茶番劇がまかり通るとは、日本は平和な国なんですね。
未来は大丈夫ですかね〜。
                          Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年09月03日 05:59


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。