では?

ネット社会の恥部、匿名書き込み。

なぜ私のブログを開いてくれる人が毎日約500人ほどおられると分かるのか?
私にはトンと理解できないと、書いたら。「IT」音痴も甚だしい、サーバにアクセス数がカウントされるから、そんなのは、すぐに分かるんだと。馬鹿にされました。

「へ〜。では、何時に誰がアクセスしたのかも分かるのか?」と聞けば、「当たり前だろ」「では、ブログへのコメントの内容も他人が分かるのか?」「当たり前だろ?」

「ふ〜ん。当たり前、当たり前って言うけど、では、匿名のメールでも相手は分かちゃうわけ?」
「複雑に経由するものは、分かりにくいが、基本的には、全て特定できる」

「では、ネット上での秘密って、ないわけ?」「厳密には、ないね?」「それって、恐ろしいことだね」「では、秘密を暴こうとする人が居たら、その人も分かっちゃうわけ?」

「そう言うことだね」「それにしては、書き込んだ人が分かるのに、卑怯な匿名での誹謗や中傷に悩まされる人は多いね」

先日も、日本よりもネット社会が進んでいる韓国で、人気女優「崔真実(チェジンシル)」さんが、インターネットでの心無い、中傷を苦に自殺したね。では、その誹謗した匿名の犯人でも特定できるわけだ。

「それは、難しいね。」「なぜ?」「理由は二点、一つは、うわさが広まってしまうと、不特定多数の書き込みの発端が誰か分からなくなる。」(大衆全体が誹謗中傷者になってしまう)

もう一つは、取り締まる法律がない。では、「書き込み規制」等の法律を作ればいいじゃないか。
「表現の自由に足かせをはめる」として規制には反対の声が多い。だから簡単に法制化できない。

では、誹謗中傷された人は、泣き寝入り?」「そういうことになるね。それが言論の自由らしい」
そうか。ネット上に誹謗される奴、書き込まれる奴が悪いって、ことか!!

でも、何時、誰が、誰に、どんな内容のメールを送信したかがわかる「IT技術」がありながら・・・・、
その内容で犠牲者がでても、犯人は放置するんだね?それでは、被害者は、浮かばれないよ。

ネット社会って、心の痛みが分からない、卑怯で、歯がゆい社会だね。
                   Goto

投稿者: 後藤 日時: 2008年10月07日 06:23


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。