はばパート2

注意散漫な自分に、腹を立てています。

クリスマスなら、岐阜一番の歓楽街柳ヶ瀬に繰り出して、大騒ぎした日が、昨日のように思い出されます。が、ここ数年は、取り立てて飲み歩くこともなくなりました。

そもそもが、クリスチャンでもない。それでいいのですが、イブもクリスマスも歓楽街を賑わしてきた私が、悪友に「付き合いの悪いお前なんかは、仲間じゃない」と言われれば、虫が疼くのですが。

友達から「はば」にされても、「仕方がない」と思うほど夜遊びに講じなくなったのは、やはり、歳なのか?それとも、元気がなくなったのか?柳ヶ瀬に魅力がなくなったのか?

「はば」で、やっばり。と思って頂けるのは、昨日のブログで、全国紙で毎日新聞が、業界、取り分け広告の業界から「はば」にされている寂しい現状を読んで頂いた方です。

実は、昨日の新聞でも、毎日の「はば」が露呈しました。(結構、ふざけているんですよ)
でも、私が書いたブログがこんなに的を得ていたと、思うと、偶然なんですが、怖い気分です。

下の写真を見て下さい。左が、日経新聞の広告紙面です。スポンサーは、昨日のブログで書いた同じドメイン管理会社です。

その、ヘッドコピーは、「今朝、また朝日新聞に出てた広告です。」とあります。
「jp・co」のドメインが使用できるとの、ダメ押し、今月二度目の全頁広告です。

で、その25日付けの朝日新聞を捲りますと、そこには「今朝、ついに毎日新聞にも出た広告です」とのヘッドコピーが踊ります。

くどいですが、ここが問題です。日経には「また朝日に出た」とあり、朝日には「ついに毎日にでた」(写真中)とあります。「また」は昨日のブログの写真を参照に。「ついに」は昨日のブログの内容を読んで欲しいのですが、このスポンサーは毎日新聞には広告効果がないと思って、出稿しなかったと、怒りを持って書きましたが。

その、私のブログが、嘘で、毎日にも出稿されました。それが朝日の広告で「ついに」とヘッドコピーが付いているのです。毎日は「はば」にされなかったとのです。私の間違いでした。

で、そうか。毎日新聞が「はば」にされなくて良かった。と、25日付け(写真右)の毎日新聞を捲ったところが、「なに???」、その広告は掲載されていないではないですか?どうなってるんだ?

朝日の「ついに」は真っ赤な嘘じゃないか。広告が掲載されていない。な〜んだ。やっぱり、「はば」じゃないかと、思って(ここが私の注意散漫なところですが)。よく朝日の広告を見直しますと「ついに毎日新聞にも」の横に※印が小さく付いているではありませんか?

下の欄の※を読みますと、そこには、一部地域の毎日新聞には掲載されませんと?
名古屋で印刷されている毎日新聞は、一部地域で、岐阜で配布される毎日には掲載されていないのです。詐欺だよね。

私は日々六紙新聞を読み比べています。
この広告は、読者を馬鹿にしています。新聞を、おもちゃにし、持て遊んでいます。不見識じゃないかと、無性に腹が立ちます。(そんなに興奮することでもないのですが)

新聞人の皆様、広告は大したことではないと思っているかも知れませんが。これが、新聞広告の現状です。全国紙毎日新聞がこんなに「はば」にされていること、少しは考えてください。

田舎で新聞広告の価値と役割を理解していただこうと、必死に、営業する広告屋として。
クリスマスの新聞を読んで、力んでいる自分が、なんとも「はば」にされた悲しい気分です。
                                           Goto
P1020133.JPG P1020132.JPG P1020134.JPG
「また」の日経新聞 「ついに」の朝日新聞 「はば」の毎日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2008年12月26日 06:54


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。