健康管理

やると、決めたことは、必ずやる。

この季節、寒暖の差が激しい。そのせいか、体調を崩す人が多い。
体調管理には、くれぐれも留意したいものです。

特に、風邪。咳、喉のいがいが。鼻水、鼻詰まり。悪寒、高熱など、変調をきたしたら、すぐに、処方しましょう。なんて、書きますと、風邪薬のCMみたいですが、風邪は万病の元、なめてはいけません。

早めの治療が必要です。私の経験では人間の身体は良くできています。如何なる病も突然に発症することはありません。風邪でも、何らかの兆候が現れます。それをかまけて放置しますと、高熱が出たり、鼻炎など風邪の症状になります。

風邪の引き始めに見られる症状を感知したら、忙しいとか、後でとか、先延ばしせずに、すぐに、薬局やドラッグストアーに駆け込み、薬剤師に相談、抗生物質を飲めば、大方、大事に至らず快方に向かいます。

病は気からと申します。気力が充実していれば、風邪など引かぬと豪語する人もいますが、現代社会、風邪の菌は至るところで待ち構えています。気力で防げるものではありません。

しかし、弛緩した精神状態で、無気力な生き方を続け、陰湿な気分で暮らしていますと、風邪の菌にとっては、絶好の住みか。菌に取り憑かれ易くなるのも、また、真実だと思います。

聞くところによりますと、風邪の菌ではなく、インフルエンザウイルスが流行しているそうです。こいつは感染力も強く、一度罹ったら、高熱を発し、2〜3日は動けない状態になり、治療を怠ると死に至る恐ろしいウイルスだそうです。(鳥インフルエンザとは違うようです)

このウイルスに取り憑かれたら、必死の治療を覚悟せねばならない。そうなっては、大事(おおごと)です。で、現代生活をしながら、いかに予防するのか。を、医者仲間に聞いてみました。

その答えは、頻繁に、手を洗い。うがいをせよ。とのこと。答えを聞けば、な〜んだ。そんなことか。と、なりますが、それが、そうはいかない。誰でもできるはず。にも、拘らず、それができない。

やれば、ウイルスの進入を事前に防げ、インフルエンザで苦しむ率が低くなる。それが、分かっていても、やらない。格言う、私も頻繁にやる、と言う意識に至っていない。

頻繁に、「手洗いと、うがい」ができれば、インフルエンザどころか、万病の元、風邪にも罹らなくなる。
こんな、簡単で良いことが、なぜ、できないのか?と、考えてみますと、

やると、決めないことに原因があるようです。まず、良いことだから、やる。と決めることが肝心です。で、決めたら、決めたことは必ずやる。そして、やらなければならないことは先送りしない。との強い意思と行動力があれば、「手洗いと、うがい」はできる。ってことになります。

これって、健康管理の基本中の基本ですが、なぜか、仕事も同じですよね。 
まずは、健康に留意を !!           Goto

投稿者: 後藤 日時: 2009年01月19日 05:37


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。