戦争

迎撃の準備は整っていますよ。

日本ほど情報機関の発達した国はないとつくづく思う。
新聞を開いても、テレビをオンしても、豚、豚、豚インフルエンザの話題ばかり。

WHOの緊急記者会見の報道は、世界大戦前夜の様相。
厚労相は連日深夜の会見。日本も宣戦布告の状態。

この報道ぶりで、日本国内は緊張状態包まれています。これではまるで戦争です。
命に係る問題です。備えるに越したことはありません。報道しすぎるにも越したことはないと思います。

が、相手は目に見えない敵です。その敵にあまりにも過剰反応な気がします。
手を洗え。うがいせよ。マスクを付けろ。(ここまでは日常生活でも防衛の範囲です)

それが、外出はするな。豚は食べるな。食糧は備蓄せよ・・・・・それも二週間は。

更には、人混みには近寄るな。学校は休みにする。会社は緊急事態に備えよ。
これでは経済が停止してしまいます。あまりにも恐怖心を煽り過ぎだと思います。

私の独断と偏見ですが、日本は世界で最も公衆衛生の整った国です。四方を海に囲まれ、他国とは違います。医療整備も盤石。医師始め関係者のレベルは高い。

この戦争。攻撃を受けるのは国民ですが。迎撃するのは行政や医療関係者です。
態勢は整っていると思います。万が一、攻撃されても、要は風邪。

日本なら手当は十二分にできます。何も心配することはありません。

楽観的かも知れませんが。風薫る五月。ちょっぴり異常な高温ですが。
一番爽やかな五月晴れの季節です。

居住地の周りを見渡しますと、思わぬ公園や史蹟が近場にあるものです。
目に見えぬ敵に脅えても仕方のないこと。そんなところを訪ねてはどうかと思います。

細菌戦争に振り回される前に、情報過多に疲れないようにしなければ・・・・・・・。
 
そうだ、今夜は「とん(豚)かつ」にしょうかな。                Goto

投稿者: 後藤 日時: 2009年05月02日 06:33


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。