「オナラ」

広告は芸術、楽しいですね。

キャンバスに思いの丈をぶつける。絵筆に乗せた画家の命が伝わる。
舞台での迫真の演技に観客は魅了される、役者冥利に尽きる。

芸術、芸能の世界とは縁遠いと思っていますが。広告も、創り手の命が、人に驚きを与え、行動へと駆り立てるもの。だとすると、広告は、常に成果が問われる、もっとも過酷な芸術作品かも知れない。

下の写真をご覧下さい。昨日の朝刊3紙です。最近日本でも韓流ドラマブーム。はまってる人が多いと聞きます。大人気の韓国テレビドラマ「チャングム」の番組宣伝のようです。

でも、メインのコピー。ジンバブエでは「抗議殺到」。香港では「売上大幅減」。中国では「オナラブーム」と、刺劇的な大見出し。これは一体何の広告なのか?「ウ〜ム」と考えてみなければ、よく分りません。

韓国ドラマ「チャングム」の内容は、私も良く分らないので、おさらいしてみますと。

16世紀初頭の朝鮮王朝時代を舞台に、実在の医女チャングム(長今)をモデルにして描かれた韓国の時代劇。韓国では最高視聴率57%を記録し、香港や台湾でも爆発的な人気を呼びました。

母の遺志を継ぎ、宮廷料理人の頂点を目指すヒロイン、チャングム。宮廷内の権力争いに巻き込まれながらも、やがて医学を学び、最後には王の主治医という地位に登りつめるサクセスストーリー。

原題の「大長今(テ ジャングム)」とは、「偉大なるチャングム」という意味で、「チャングム」は、王の主治医にまで登りつめた実在の女性の名前です。

しかし、その記録は、歴代の王に関する文献に「予の体のことは医女チャングムが知るなり」と書かれているなど、ほんの少しに過ぎません。

今回のドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」は、この一文とわずかな資料を手がかりに創られた、ある女性のひたむきな人生を描いた壮大なる物語だそうです。

で、この広告は、何の広告なのか?どのような意図で作られたのか。韓流ドラマの番宣ではありません。むしろ、ブームにあやかった広告です。

パチンコ機器メーカーの新商品の紹介です。世界中が熱狂するドラマ。お客様が熱狂するパチンコ台。そんなイメージの新機種紹介の広告です。大胆な広告で、読者を驚かせてくれました。

でも、一つ分らないのは。なぜ?全国紙3紙のコピーが違うのか。なぜ、朝日新聞がジンバブエで。毎日が香港で。読売が中国なのか?その関連が理解できない?首をかしげています。

その意味まで、解ってしまうと、広告の芸術性が失われるのかもしれませんね。
それにしても、「オナラ」が中国語で「主題歌」と言うのは知りませんでした。

広告は新鮮な驚きを与える芸術ですね???                         Goto

%92%A9%93%FA%90V%95%B7.JPG %96%88%93%FA%90V%95%B7.JPG %93%C7%94%84%90V%95%B7.JPG
6/22朝日新聞     6/22毎日新聞     6/22読売新聞

投稿者: 後藤 日時: 2009年06月23日 06:02


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。