晦日

原因を景気のせいにはするまい・・反省の・・・・。

田舎の街かどに「しめ縄飾り」を売る露店が立ちました。暦の上では今日と明日を残すのみ。瞬きほどの一年でしたが。どうも、新年を迎えるという高揚感がありません。

歳のせいではないと思います。いや、思いたいのですが。今年は満足の行く一年ではなかった。
やり残したことや、もう少し頑張れたのにとの後悔が残ったまま・・・・・。

それが、原因で新しい年を迎える気分になれないようです。
だとしたら、まだまだ、向上心や執念があるのだから。若さがあると、思いたいのですが。

やはり、数字と立ち向かっているからなんでしょうね。業績が思うように上がらないと、頭の切り替えもできず、新年を迎える高揚感も湧かないのでしょう。景気と知恵と行動力・・・忸怩たる思いです。

原因を景気のせいにはしたくない。時間と努力が足りないのだと認識しています。
だとすれば、正月を先延ばしすればよい。とりあえずは、新年を年度末までお預けにする。

それなら、もうひと頑張りできる。よって、晦日の今日も大晦日も元旦も、仕事をすればよい。
ヨシ!!。今日も仕事だ・・・・・・・。

「ちょっと、ちょっと。それって、年末の掃除逃れの口実じゃないの・・・・・・まったく」 
「ばれりゃ仕方がない」。「しめ縄飾り」ぐらいは、玄関に取り付けるか・・・。トッホッホホホ     Goto

投稿者: 後藤 日時: 2009年12月30日 06:22


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。