郵政改革法案

鳩山内閣・・・・準備期間は終わりです・・・・。

あまり難しい話をしたり顔でするのも僭越なんですが・・・・・・。郵政改革法案、これは頂けませんね。閣内不一致がクローズアップされていますが、前政権とは決定手法が違うですから、騒ぎ立てることではないのですが・・・・・・

そもそも、民主党と国民新党は郵政民営化に対する考え方が根本から違います。その違いが露呈したわけですから、連立政権の基盤を揺るがす事態です。政党の大小は別にして、国民の前で、郵政民営化の是非も含めてとことん議論をすべきです。

郵政とりわけ郵貯をどう扱うかは、国の金融、経済の根幹に関わる問題です。参院選で郵政関連の票目当のために、臭いモノに蓋をするような姑息な妥協は、政治の本道を外れます。

私は郵政民営化に賛成です。そもそも民主党は民営化に賛成でした。政治は妥協の産物ですが、先の郵政選挙で示した民意は、政権が代わっても生きていると思います。官僚主導を標榜する民主党が、郵便事業を官主導に戻すのには限界があると思います。

民主党政権の準備期間は、予算を通した時点で終わりました。もはや、本格政権です。その自信と気概を持って、自分達が目指す政治を実行して欲しいと願います。参院選も重要ですが、政治の方向を明確に示し、信念を貫ぬかねば、歴史に汚点を残す政権になってしまいます。

この問題では、妥協せず、連立解消に踏み込むことも厭わぬ決意で臨むべきです。

それにしても、亀井大臣はしたたかですね。郵政所管の原口大臣。官営化に時計の針を逆戻りさせる案を、取り込まれて飲むようでは・・・まだまだ。信念も経験も子供ですね・・・。

彼も、生方何某と同じように、「えー格好しぃ」のメディア病患者かもしれません・・・・・・                                                              Goto

投稿者: 後藤 日時: 2010年03月28日 06:39


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。