政治とカネ

分かっていることを確認するよりも・・・もっと未来に向かって。

日本の首相が余りにも短命で、海外では呆れているとのメディア情報に接すると、誰が・・・こんなに早く首相を交代させているのかと、逆にメディアに問いたくなります。

十代の子供が「お母さん、親からおカネをもらうことは悪いことなの」と。「テレビで悪いと言ってるから悪いんじゃないの」と母親。「じゃー私もお小遣い貰うのは悪いことなんだね」「そうだよ」???・おかしな話です。

十代の子供が「お母さん建築会社からおカネをもらうことって悪いことなの」と。「テレビで悪いと言ってるから悪いの」と母親。「じゃー建築会社に勤めてるお父さんからお小遣い貰うのは悪いことなの」「そうだよ」????。おかしな話です。

この国は、本当に法治国家なんでしょうか?メディア国家じゃないでしょうか?

厚労省の元局長が郵便料金を不当に安くできる制度を利用して偽証明書を発行したとされる事件で、裁判所は大阪地検特捜部があらかじめ検事がストーリーを描き誘導した証拠で捜査を進めてきたのではないかとの疑いが高いとの判断を示しました。

なぜ、そんなことを大阪地検がやったのか?理由は分かりませんが・・・憶測するに。まず民主党政治家の圧力が不正を誘発したと言う仮説に基づいて、政治家の首を上げ、地検の手柄にしたかった。

それに、学閥ライン以外の女性局長ならばやりかねないとの、偏見と差別に基づいて、犯人に仕立て上げようとしたのではないでしょうか。それに、東京地検が民主党のツートップを狙って捜査していることに対抗心を燃やした・・・そんなところではないでしょうか。しかし、国家権力が法を弄ぶととは・・恐ろしいことです。

勿論、事件発生当初。広告会社の取り扱いが絡む事件でしたので興味深く推移を見守っていました。
メディアの論調は、さもありなんの、予断と偏見に満ち溢れていました。この事件。無罪になったら・・・いったい誰が責任を取るのでしょうか?彼女の人生は無茶苦茶です。

「お母さん。悪いことしなくても検察が悪いと言ったら悪いの」って子供に聞かれたら「そうですよ」って大人は言うのでしょうか?

今更でもありませんが・・・・小沢前民主党幹事長の金銭疑惑問題・・・法的な責任と政治的、あるいは同義的責任の区別もなく・・・説明責任が足らない証人喚問すべきだと言ってみたところで・・・検察の捜査を上回る証拠を野党議員が出せるわけもない・・・そんなことで、国会を空転させてよいものでしょうか?

8ヵ月の短命に終わった鳩山さん。お母さんからもらった「おカネ」の使い道。そんなものは・・・同僚議員への援助と、私設秘書の人件費に大半が消えたに決まってるじゃないですか・・・。政治にはある程度のおカネはかかるモノなのです。

菅内閣・・・はやくも閣僚の事務所費問題が浮上していますが・・・・。重箱の隅をつつくような報道を繰り返していると、海外から、本当にこの国が信用されなくなるのではと心配するのですが・・・。

おカネは汚いモノ、悪いものだと、決めつけるような報道は慎んだ方がよいと思いますが・・・。                                                Goto

投稿者: 後藤 日時: 2010年06月11日 06:15


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。