ファスト政治

狭い日本、そんなに急いで何処へ行く・・・・

「内閣支持率急落」朝日。「内閣支持続落」読売。これが、この国の二大新聞の、参院選を一週間後に控えた5日(月曜)の朝刊一面の見出しです。・・・世論調査って・・・本当に正しいのですかねぇ?

信用のおけるしかるべき調査機関のデータなんでしょうから調査を疑っているわけではありません。しかし、同じ全国紙でも・・・毎日新聞は参院選の中盤情勢の調査結果は掲載していますが・・・内閣支持率については言及していません。(日経は内閣支持率にも選挙情勢にも言及していません)

ローカル紙は、明日の朝刊で選挙情勢の分析は掲載するでしょうが・・内閣支持率には言及しないと思います。当然です。・・・支持率の世論調査は選挙に、直接影響を与えるからです。

私はこのブログで・・・何度も・・・世論調査はやり過ぎではありませんか。と疑問を投げかけてきました。変化が起こるとすれば・・日々のメディア情報に左右されるからです。ましてや・・恣意的な質問を投げかけ・・そのデータを公表しますと世論捜査に繋がります。

選挙戦最中の・・内閣支持率調査の発表は・・明らかに選挙結果を左右します。
当然、そうなることも承知で発表するのですから・・・始末が悪い話です。

メディアは事実を公表して何が悪いと開き直るんでしょうが・・・民主主義とは多数を原理とするシステムですから・・・世論調査のデータに左右され・・「私も内閣を支持するのを止めよう」と言う人が少なからず現れると、それで、多数が入れ替わることが起こります。メディア報道が世論調査のデータを使って、国民の選択権に介入するのは・・メディアの越権行為です。

国民は気を付けないとメディアに差配されてしまいます。(すでにそうなっています)

メディアのご都合主義は如何ともしがたいのですが・・・それにしても・・・政治があまりにも拙速です。毎日新聞に、世論調査を繰り返しそのデータを利用して社会を追い立てる政治を「ファスト政治」(ファストとはファストフードのファスト)と呼んで、政治混乱の要因になっているとの解説記事が載りました。

新聞メディアに自省の念が少しでも残っていることを期待したいと思います。

ひと昔前のコマーシャルに・・・「狭い日本そんなに急いでどこに行く」ってのがありましたが・・・菅内閣が発足して1ヵ月経ちましたか??まだ・・・何もやっていないのに・・・支持率が60%から40%に下がる。まさに世論調査のやり過ぎによる「ファスト政治」です。

「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」積りかと、世論調査を執拗に繰り返すメディアに聞いてみたい心境です。                                         Goto

P1040056.JPG P1040057.JPG P1040058.JPG P1040059.JPG
7/5朝日新聞     毎日新聞       読売新聞        日本経済新聞


投稿者: 後藤 日時: 2010年07月06日 06:09


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。