マッチポンプ

メディア報道や世論調査に右往左往しない政治家に託したいのだが・・・

私は随分腹立たしく思っています。何を怒ってるのかと申しますと・・・参院選挙結果についての報道です。確か・・・報道ステーションだったと思います。朝日新聞の星浩さんが「政治記者も政局ばかりを追わない方が良いのでは」と先走り報道に苦言を呈していましたが、私もそう思います。

政治の世界に・・マッチポンプって言葉があります。自分で火を付けておいて、消すことです。民主党責任論浮上、小沢氏周辺から上がる。と党内抗争激化を煽る。野党が菅内閣の退陣か?解散かを迫れば・・・政治的混乱を煽りたてる。

政局になれとばかりに・・・首相が続投を表明すれば・・・早々と責任回避は認められぬと言い、総括すると言えば・・・続投を表明しておいて総括はないじゃないかと批判する。では両院総会を開いて議論すると言えば・・・ガス抜きで責任を回避するのはけしからんと煽る。

消費税、議論すべきと言ったハズなのに・・・明日にも10%上げるかのような過剰報道を連日繰り返し、無理矢理、政策に仕立て上げたくせに・・・民主敗北の責任は消費税と臆面もなく報道する。では・・消費税を10%上げるとマニフェストに明記した自民党はなぜ批判されないのか??

毎日新聞の13日付け朝刊には・・・国民の60%が消費増税に賛成と・・世論調査の結果を掲載する。まー。どうでも良いのだが・・・何が何でも政局にするのだと・・・火を付けては消し・・・消してはまた火を付ける。こんな、場当たり的な・・混乱を喜ぶかのようなメディア報道に腹が立って仕方がない。

新聞各紙は民主党政権に対して同じ論調で「いばらの道」だと言うが・・果たしてそうだろうか。もう少し・・落ち着いて政治を論じられないものか。ねじれ国会で法案が通らないことを想定しているのだろうが。

それが民主主義ではないか。イデオロギー対立があるわけではない。意見の違いはお互いが認め合い妥協点を探すのが成熟した政治ではないのか。そのためのコストは国民が払わなければならない。払いたくないとメディアが・・・国民の声を代弁した形で・・・マッチポンプを繰り返せば・・・そのツケはどうすることもできない形で国民に刎ねかえるだけだ。

そうなった場合・・・今度は政治じゃなくて・・国民が悪いとメディアは言うだろう。・・・そんな卑劣なことは・・・テレビにはあっても・・・・新聞ではないと信じたい。メディアがマッチポンプをやるようではこの国も末だ。

が・・・その前に。軽佻な政治報道に動じない、世論調査に左右されない、重厚な政治家に、この国を託してみたいと思うのだが。検察調査会とかなんとかで・・メディアに洗脳された国民が判断するようなので・・・それは無理かもしれない。

だとすると・・・菅首相にメディア報道なんかまったく無視して頑張ってもらう他ない。
団塊世代・・・全共闘世代(彼は市民運動だが)のド根性を見せて欲しい。             Goto

投稿者: 後藤 日時: 2010年07月16日 06:00


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。