生きる

我が手を見ながら・・・エールを送るしかすべがない無力を覚えます。

これぞ新聞広告です。感動して・・・涙を流しながら広告を読みました。
最近は・・・記事風の広告が増えました。広告なのに「如何にも」記事のように見せる。

それって・・・・なんか変ですよね。何を求め?何を怖がっているのでしょうか?広告は立派な情報です。新聞の記事紙面にレイアウトを似せて・・・読者の気を引いて広告効果を上げようとしているのでしょうか?

新聞を読む読者は・・・そんな安易な手法に惑わされないと思います。自信があれば堂々と・・この商品。この製品。このサービスの特徴をしっかり訴えて勝負すべきではないでしょうか。

先週の水曜日の読売新聞の全ページ広告に、これぞ新聞広告・・・だと、いたく感動しました。
「それでも生きていく」・・・多分、牛舎で牛に餌を与えるたくましい畜産・酪農家の手。

未曾有の被害に立ち至った畜産農家の悲劇・・・口蹄疫・・・コピーは、戦いが始まったのは4月・・・牛と生きる人々が一つになって見えない敵と戦った・・・あたりまえに牛と生きる日々が帰るまで・・長く厳しい戦いは続く。私たちJAグループは・・これからも全力で支えて行きます・・・と結ばれている。

市井のおっさんとしては・・何もできないいらだちを覚えながら・・・殺処分せざるを得なかった農家の人々に・・・ただガンバレ!!ガンバレ!!と・・・・、広告に見入りながら・・・・エールを送るしかない。

新聞広告を見て・・・生きる価値を知らされました。                           Goto

P1040093.JPG
7/28読売新聞

投稿者: 後藤 日時: 2010年08月01日 06:17


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。