政治でも金

腹の据わり方・・精神力が違いますね。

悲喜交々と申しますが・・・・スポーツの話題です。
私は元来、運動神経が鈍くて・・・逆上がりもできませんし、足も遅いですし・・・遠投も肩が弱くて苦手です。団体競技はほとんど補欠。個人競技は応援要員でした。

とりわけ、水泳に至っては、「水の中を自由に泳ぐなんて・・・魚じゃあるまいし」と泳げないのをやせ我慢・・減らず口でごまかすほどの運動音痴です。唯一の趣味ゴルフも、下手の横好きで、結構楽しんでいるのですが・・如何せんスポーツセンスが無い。とりわけパターが下手くそで・・・ワンラウンドで最低でも、4ホールはスリーパット。いつも、パットでスコアーを崩します。

秋晴れに恵まれ・・・ゴルフシーズン真っ盛りですが。コースコンデション文句なし。天候も勿論。おまけにパートナーにも恵まれ、体調も抜群、そんな文句の言いようのない・・・ゴルフライフも、スリーパットで気分を害し・・・ゴルフなんか・・やるんじゃなかったと・・ぶつぶつ言って終るのが関の山です。

どなたか。パットを教えてもらえませんかねぇー。

行けねぇ。そんな愚痴を言うために書いてるのじゃなかった。早大のハンカチ王子こと斎藤投手が、「大学でプレーしたのは遠回りではありませんでした。これからはプロで頑張ります」と爽やかにプロ入りを宣言・・ドラフトが楽しみです。

一方では、テニスの伊達さんが現役復帰・・・・相手の動きが手に取るように分かりますと・・円熟の境地で大活躍。清々しいです。そして「ヤワラちゃん」、ロンドン五輪にあれだけ執念を燃やしていたのに、政治家と柔道家の二足のわらじは無理との批判に引退。(残念に思います)

北京で負けた時・・・このブログで、引退した方が良いのでは・・・と、お節介なコメントを書きましたが。
いざ・・引退で五輪や国際大会での活躍の報道を目にしますと、この子の頑張りに日本中がどれほど励まされたかと改めて感謝の気持ちです。

涙なんか見せず、新たな決意をにじませた堂々たる引退会見・・・こりゃ本物の政治家に・・・・。

35歳・・政治の道ではまさに、これからです。彼女は15歳から社会の寵児です。そこらの偶発的な政治家とは腹の据わり方も精神力も並はずれていると思います。政治と金では素晴らしい師にも恵まれたようです。(これは冗談です)

口先だけで小粒になった政治の世界・・・・小さな巨人「谷亮子」さんの次に目指すのは・・・日本をスポーツ新興の国に導く、スケールの大きな政治家になることではないでしょうか。

ヤワラちゃんに・・・政治の世界での金メダルを期待します。            Goto

投稿者: 後藤 日時: 2010年10月20日 06:39


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。