戯言・・二題

公約守らなあかんぎゃー・何やっとるんや・・・

名古屋の河村市長・・・・ひょっとすると総理大臣になるかもしれない。彼の決意と信念・・・顔付きも変わってきましたね。命を賭けている気がします。例えば、減税に対する考え方。メディアは直ぐに、10%市民税の減税では効果が無いなどと批判しますが、行財政改革なんて・・収入が減らねばできませんよね。

企業でも、リストラ出来るのは、リーマンショックなど、不況で業績が悪化した時や競争相手と激しい価格競争を繰り広げる時など、いずれも減収を覚悟せざるを得ない時ですです。行政のような独占事業は、競争が無いのですから・・放っておけば、増殖こそすれ・・・縮小するなんてことはあり得ませんね。

就任以降・・わずか1年半で、180億円経費を削減したのはたいしたものです。「公約は守らなあかんぎゃ」と民主党政権を指さす姿勢に・・・ひょっとしたら・・・この人「総理を狙える男」かもしれんと・・・。

78歳・・・政権の御意見番として・・・内閣副官房長官に座った藤井さん。鳩山前内閣で財務大臣に就任。勇ましい発言で「マニフェスト」実現の予算を捻りだすと豪語したのに・・・自由党時代の幹事長時の政治資金の使途が問われそうになると・・・・ビビッて・・大臣を放り投げた。

金に綺麗な人なんだろう。でも経験と見識は民主党政権になくてはならぬ人材かと思ったが・・・「参院なんて、衆院のカーボンコピーあってもなくても」と発言。私は・・・その言や良しと喝采したのだが・・・参院側と野党に追及されると・・・謝罪したというではないか。

おいおい・・・あんた・・・大所高所に立ってモノ申す、御意見番でしょ。本気で参院なんかいらないとおもっているんでしょ。入りませんよ参院なんて。心ある国民はみなそう思っています。

だったら・・・謝りなさるな。長老として骨のあるところ見せて下さいよ。でないと、やっぱりあんたは、官僚崩れで・・口ばかりで「逃げ足ばかり速い弱虫ジジィです。あんたが御意見番では・・この政権も長くないってことになっちゃいますよ。   

民主党政権。誰も命を賭けてでも「公約を守ろうとしないのですから・・・」
私は河村さんに首相をやってもらいたい気分だね。   Goto

投稿者: 後藤 日時: 2011年02月17日 07:14


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。