宣伝会議

広告哲学も教えてくれるんでしょうかねぇ。

まーなんて言うのか・・・驚いて良いのか?呆れて良いのか?それとも、そうだよなぁと頷いて良いのか?広告会社の悲喜こもごもが、こんなにたくさんの漫画で紹介されちゃって・・・写真参照願います。

ごちゃごちゃした広告で・・・何が何んだか、さっぱりわからないでしょうが・・・アドマン、すなわち、広告代理店・・いやいや・・広告会社・・・いやいや・・・広告屋で働いてる・・・「あなた、オマエ、君・・・あんた」を対象とした広告です。

日本中に・・・どれだけのアドマンがいるのか?正確なデータがありませんので・・・分かりませんが、ざっと5・6万人でしょうか。その中で、日経新聞を読んでいる人となると、半分以下じゃないでしょうか。

2・3万人のアドマンを対象に、日経新聞の見開き広告を打って、「オマエら・・・もうちーと、勉強せないけんぞな・・・」「時代の変化について行けないアドマンが多過ぎるぞ」・・・年間10万円払って、宣伝会議の本を読め・・・と示唆する書籍広告です。

面白い広告ですが・・・・2,5万人が訴求対象だとすると、費用(1500万円)は下らないでしょう)対効果を考えると・・・最低でも180人の定期購読者が必要になります。対象の0.7%になります。

広告屋の勘では・・・購読申込者は、良くて0.25%の75人。0.1%の25人ってとこでしょうか。

広告の主旨は・・・今、マーケティングはどんどん進化しています。広告・宣伝・広報・SPクリエイティブの各分野を有機的に組み合わせることで、かつてない成功が手にできる時代です。それには、宣伝会議の発行する広告関連本を読んで勉強しなさい・・・。

経験だけではあきまへん。ましてや・・・・勘なんかで、広告の仕事に携わるなんて・・・信じられへん。とんでもない。と訴えていますが・・・・広告のプロを自任して・・・アドマンを教育してやろう・・とおっしゃるのですから、まずは・・・この広告の費用対効果から、教えて頂きたいものです。

私の・・広告哲学は・・1にも2にも・・・頻度だと思うのですが、経験は通用しないものなのでしょうかねぇ? とは申せ・・我社でも宣伝会議の本で勉強させて頂いており・・感謝しております。    

Goto


P1040988.JPG
2/21日本経済新聞

投稿者: 後藤 日時: 2011年02月28日 07:46


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。