広告のチカラ

ユニクロが真摯に取り組むCSRに学ばせてもらいました。

文字が多いので・・・折角の全面広告ですが、あまり読まれなかったのではないかと・・・・心配しています。あのユニクロのCSR(企業の社会的責任)についての説明広告です。

人間生活の基本は衣食住です。なぜこの準順序なのかは分かりませんが。最初の・・・衣(服)類の製造販売を生業とするユニクロが、服でどんな社会的な貢献ができるかを自問自答しながら、実践する様が綴られています。

我社も・・・企業姿勢の大きな柱として、生活情報誌を137万世帯に無料でお届けする事業を通じて、如何に、地域社会に貢献できるか・・・・情報誌のチカラを考えていますので、大変勉強になります。

ユニクロの衣料・・年間生産枚数6億着。「もう着なくなった、でもまだ着られる」そんなユニクロの服を全商品回収・・世界中の難民・避難民約3600万人にリサイクルする。これまでに900万枚を配布した。

あえて、最貧国といわれるバングラデシュで素材の調達、生産、物流、販売までを完結。彼らが自立して生きて行ける「仕事」を作りだし、現地の人が買える価格と品質を確保することによって、女性の社会進出や「服」と一緒に安全、衛生、医療の重要性を伝えている。

生活情報誌を通じて地域社会の元気を作りたいと願う我社にとって・・大いに参考になります。

「1店舗1名以上」を目標に障害者雇用に取り組んでいて、現在全国で764名の雇用が進んでいるとのこと。障害者と健常者が一緒になって「本当に良い服」とは何だろうと考える。障害者が仲間に居る会社だけが・・・その答えを出すことができると信じて・・・障害者雇用を積極的に促進している。

うーん。滋賀県近江八幡・東近江で、24誌目の生活情報誌「オウティ」(53000部・全戸無料配布)を先月創刊しましたが・・・・情報誌を作る仕事、障害者も巻き込んでの仕事になっていません。反省点だと学びました。

我社では・・・この四月に入社するメンバーも加えますと・・・6割以上が女性スタッフになります。
女性が働きやすい職場を作らなければ・・・地域に愛される情報誌を作ることはできないと考えています。

ユニクロでは世界最高水準の品質を追求するために、人材育成に力を入れ、正しいビジネスを行う指導を徹底し、つねに、労働環境の改善に努め、働く人を守る姿勢を強固に貫いているそうです。

「本当に良い服」は世界の力になると信じて・・・と広告は綴っています。
服のチカラを真剣に考え・・・世界に通用するユニクロのCSRに学ばせてもらいました。

広告って・・・・いいですね。我社も広告のチカラを最大限に発揮して、
地域社会に・・しっかりと根を張り・・・貢献できる企業にならねばと気を引き締めました。   Goto

P1040991.jpg
3/1朝日新聞


投稿者: 後藤 日時: 2011年03月07日 06:19


オウティ創刊おめでとうございます。

皆様のご健康とご多幸とご発展をお祈り致します。

投稿者: 夏原健次 | 2011年03月07日 08:29

いつもコメントありがとうございます。
近江八幡・東近江の市民の皆様から、待ってたぞ。大いに利用させれもらう。頑張れよと、熱いお便りを頂いております。社員一同、気を引き締め、ご声援にお答えいする所存です。
ありがとうございます。
Goto

追伸
毎朝のラジオ体操ならぬストレッチで、身体が軽くなりました。朝の柔軟体操はいいですねぇ。

投稿者: Goto | 2011年03月07日 13:15

ユニクロのコーポレートアイデンティティは学ぶべきことがいっぱいあります。尊敬もできる企業です。だけどユニクロの服を実際見たことがありますか?どれも無個性、無機質、遊び心がない。ボタンも安っぽい。確かに安いのは認めますがそれ以上のものがない。日本のサラリーマンそのものの服。「コムデギャルソン」という服飾ブランドはご存じですか?こだわりだらけのブランド服です。縫製は一宮の縫製所しか風合いが出ないからダメ。男性服でもスカート等、コレクション毎に提案。着物の刺繍を用いる。着物の染色方法を使う。服のボタンに日本の帯の技術を用いる。ユニクロとは対極の服です。服はその人の生き方の鏡。無個性の服もいいけど、30年以上続くブランド服が私には着心地がいいです。

投稿者: レモンハート | 2011年03月07日 14:14

戦後、岐阜市はアパレル産業のメッカでした。残念ながら、衰退の一途を辿っています。なぜ、岐阜からユニクロ的な企業が誕生しなかったのか?批判は簡単ですが、疑問です。考えて見る必要があります。
今朝もユニクロのハイネックのシャツを着てウォーキングを楽しんでいます。この品質で980円に満足してます。Goto

投稿者: Goto | 2011年03月08日 06:08

私の娘(既婚・一児の母)は、学生の頃からブランド娘で、結婚してもあまりその感覚は変わっていません。が、しっかりユニクロも利用しています。貧乏サラリーマンなのに、貯金して欲しいものを一点主義で購入してます。どちらのブランドも存在価値があるんですね。選べることは幸せです。
 お金持ちはどんどん高級ブランド物を買えばいいのですが、そのお金が何処から出ているのか?マダムの皆さんのそれらの多くが、経費という項目から捻出されていると聞くと(確認はしていませんが)、税制を含む世の中の仕組みそのものに疑問を感ぜずにはいられません。

投稿者: リミスキー | 2011年03月08日 09:57

豊かさとはなんだろう?幸せとは?仕事とは?そして企業とは?・・・生きるとは?CSRを突き詰めると・・・考えさせられます。Goto

投稿者: Goto | 2011年03月08日 16:25

批判ではありません。ユニクロは尊敬できる企業です。中国からバングラディシュに生産を移行する決断力には感服します。ただ私は服飾が好きです。提供する職人の生き様が好きだからです。ユニクロの安くて高品質な服。少し高めの品質はもちろん、風合い、一寸の揺るぎもない職人のこだわりのある服。どちらが優秀かなんて比べようがありません。ちなみにギャルソンの服は日本の都市で岐阜市が一番売上が高く。一店舗だけで多いときは年間数億の売上だそうです。驚異的な売上です。アパレルの街、芸術に秀でた街だからこそわかる服。量販店ばかりをマスコミは応援(CM量が多いから?)してわざとらしいNEWSを送る。これじゃ勝者がますます勝者になるマッチポンプ。世界を相手にするには生産拠点を海外に移すか(アップル、ユニクロ、ナイキ・・・・)こだわりぬいたものをつくるか2者択一しかありません。岐阜市のアパレルは後者。私はすべてがメイドインジャパンのものをできるだけ応援したい。

投稿者: レモンハート | 2011年03月08日 19:35

ギャルソンブランドの服が如何なるものか。疎くて知りませんので、友人のアパレル関係者に聞いて見ます。Goto

投稿者: Goto | 2011年03月08日 21:43

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。