冷静に

怒っちゃいかんですよ・・・・あくまでも議論ですから・・・

メディアは所詮きれいごと・・・・国際政治の汚さっていうのか・・・物凄さを知りました。
中国での「東日本大震災」に関する議論を紹介します。これが国際社会と言うモノ・・・くれぐれもお怒りにならぬように。

海外の報道は・・・大震災の同情から放射性物質が・・いつ飛来するかの不安に集中しているそうです。
特にお隣・・中国では日本を・・・1、原発事故は地域限定的・・日本の国際的地位に変化なし・・に始まり以下3点にわたり・・・。

2、中国チャンス論・・・震災の大打撃で中国企業に輸出のチャンスが訪れた。日本製品に太刀打ちできなかっら中国製品や産品に競争力が生まれた。金融も上海、香港に本拠地を移してくるだろう。

更には、日本政府がもたついている間に領土問題も解決できる。日本資本を中国に誘導して東アジア共通通貨を人民元にする。東アジア共同体構想を中国主導で実現する・・・チャンスだ。チャンスだ。

3、中国危機論・・・・米国への依存度が深まり、日米同盟が強化され東シナ海で米国艦隊が横行し、釣魚島問題の解決が難しくなる。原発事故は人災であり、放射性物質を世界中にまき散らす日本は「無責任」国家だとレッテルを貼って・・・危機を逆手に取る・・・と。

これが国際社会っていうモノです。怒っちゃいかんですよ・・・・・。この大震災に乗じて・・たくらんでいる国がないわけじゃない。メディアのきれい事だけ鵜呑みにしていると足元をすくわれるかも・・・・・

冷静に冷静に・・・・    Goto

投稿者: 後藤 日時: 2011年04月17日 07:07


おはようございます。

地球のコミュニュケーション環境改善へ!

健康や経済はコミュニュケーション環境の影響を常に受けております。コミュニュケーション環境が悪化すれば個人や企業、地域及び、国家や世界の経済や健康に悪影響を与えます。
コミュニュケーション環境が改善すれば、健康に好影響を与え景気にも好影響が生じます。

コミュニュケーション環境は人と人のつながりに影響を与えます。

地球のコミュニュケーション環境改善へ向けての取り組みは常に行うことが大切となります。

コミュニュケーションをするときには、コミュニュケーション環境に与える影響を考慮してコミュニュケーション環境が改善するように努力することが大切となります。

地球のコミュニュケーション環境改善へ!

負けるな東北、関東、がんばれ日本!全国ラジオ体操キャンペーン!
毎朝6時30分のラジオ体操で、生き生き長寿、明るい国際社会!
世界の皆様、毎朝ラジオ体操で、おはようございます!

対話拡大と対話による理解と変革!
世界民主主義・変革主義・エコプロジェクト!

世界が平和で景気が良くなりますようにお祈り致します。

投稿者: 夏原健次 | 2011年04月17日 08:11

コミュニケーション能力を高めるにはどうすれば良いでしょうか?最近、おたく族とか。引きこもりの若者が多くて、人間関係に興味を持たないようです。Goto

投稿者: Goto | 2011年04月18日 05:23

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。