企業戦士

生活情報誌・・・26誌の表紙を・・同じにしました。

ゴールデンウイークです。暦通りの我社としては・・・昨日が休み・・今日は出社(幹部は土曜も出勤します)。明日は日曜、明後日は出社。三日休んで、金曜に出社して土日と休み。これが本当の飛び石連休ですが・・・中途半端な生活を送ると・・一ヵ月の三分の一を無駄に過ごすことになってしまう・・・・。

かと言って、震災や原発が頭と心から離れず・・・落ち着かない。ではどうするか?簡単なことで、火曜から木曜までの三連休を休まなければ良い。そうすれば、通常の週と同じになる。特段の予定がないのだから・・・なにも無理して休むことはない。

この歳になると・・・どこまでが仕事で、どこからが休みなのか?公私の区別も付け難いし、仕事の質も量も自分の意思で決めている・・のだから、まずは仕事の肥しにしたいと、山積になっている本とか書類とかに目を通すことにする。読みたくないから山積みになっているのだが、それを、片付ける。

取りあえずは・・・スッキリするだろうから。

それに、至福のひとときを過ごしたい。毎月生活情報誌を・・作り手の気持ちを斟酌しながら、新鮮な企画、工夫を凝らした紙面に感動するのだが・・・5月号26誌をじっくり楽しみたい。

・・・生活情報誌事業を始めて18年になりますが・・・地域密着を標榜していますので、過去一度も表紙を同じにしたことがありませんでした。しかし、今号は、未曽有の大震災に我社も何かしい・・との思いのかられ・・・まずは、150万部の情報誌の表紙を「心を分かち合い。思いを寄せて」・・・頑張ろう!日本。で統一しました。(写真参照)

表紙は同じでも、中身はすべて違います。それぞれの地域の特集を組み、地域の人達に元気を与え、個人消費を喚起する目的は従来と変わりません。それを1頁づつ丹念に捲ります。結構・・時間が掛ります。

それから、朝のウォーキングで、時間の余裕があれば、足を伸ばしてみたいと思っていた、長良川の右岸に作られている・・高橋尚子ロード2キロほどですが・・・を歩いてみたい・・・違った角度から金華山を眺めることができるので・・・故郷を新鮮な感動で見つめ直すことができるのではと思い。(これは仕事とは関係ないですね)

所詮は・・企業戦士・・・・休みも休みたくないのが本音です。         Goto


kani.jpg sarubobo.jpg wao.jpg oribe.jpg tanton.jpg maika.jpg
kirara.jpg minto.jpg lasel.jpg gujo.jpg gifuto.jpg
poron.jpg bellve.jpg yokkaichiai.jpg tsu-pi-su.jpg faminng.jpg sera.jpg
konki.jpg botejako.jpg outy.jpg kirameki.jpg
furimonakamura.jpg furimonakagawa.jpg furimonishi.jpg furimokita.jpg furimominato.jpg

始めて全26誌の表紙を同じにしました。
150万世帯、500万人に頑張ろう!日本!と呼びかけました。


 
 

 

 

投稿者: 後藤 日時: 2011年04月30日 06:52


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。