朝日新聞デジタル創刊

根本的な考え方を変えて・・改良する余地がありますね。

さてさて・・・ここまで来ましたか?「新聞は、ひとりの手の中から、ひとりひとりの手の中へ」良く分からないコピーですが・・遂に・・・朝日新聞が電子版を創刊しました。(写真参照)

7月末までは創刊記念無料キャンペーン中ですから、ちょっぴり覗いてみようと加入しました。新聞と併読の場合はダブルコースで新聞購読料+1000円。デジタル版のみは3800円だそうです。日経も同様に併読は+1000円。単独が4000円ですから、足並みを揃えたんでしょう。

率直な感想は・・・早朝にデジタルを覗いて、それから、本紙を開きますと、あれぇー。この写真どこかで見たな―・・・って、ダブるのがとてもへんな印象です。

ダブルコースだと、無駄ですね。思い切って、朝日の読者には無料にしてはどうでしょうか?そうすれば、デジタル版が一気に普及すると思のですが。コストが掛るので、そこまで思い切れませんかねぇ?私ならば、夕刊を廃止してそうしますが。

紙面作りは、テーマ別に整理されていて、慣れれば、結構、読みやすくなるんじゃないでしょうか。デジタルの特性を生かした構成は中々のモノです。研究の後が伺われます。

私はIpadで覗いてますが・・・これからなのでしょうが、広告の扱い方が如何にも新聞編集的発想です。たとえば、政治の頁から、次の経済のページに移動させる(タッチで)その途中に全ページ広告が出てきます。これでは、広告を早く飛ばしなさいって・・・言ってるようです。広告のインデックスは今後どのように推移するのか?興味があります。

24時間版も同時掲載ですが、日経新聞の場合は、世界の経済を追いますから・・・株式など、24時間対応が必要ですし、解説、分析も即効性が求められます。一般紙にそれだけの即効性が必要かと申しますと、首を傾げます。(テレビでいいですものねぇ・勿論・グーグルでもヤフーでも)

でも、私は毎日、新聞各紙でスクラップしてますので、気になった記事を保存出来るのは機能的です。欲しいニュースを自動収集する機能も、一日の出来事を撒き戻す機能も、スマートフォンで読めるのも、良く考えてありますが・・・・まだまだ、新聞を変形するに止まっていますが。

ネット社会です。朝日新聞の電子化は、これから改良が加えられるのでしょうが。愈々、新聞業界も本格的なネットの時代に突入したわけです。今後の朝日の動きに注目したいと思います。私的には、新聞と併読の場合思い切って、無料にするかどうかが、分かれ目になるような気がするのですが。     Goto


P1050161.jpg P1050170.jpg
5/19朝日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2011年05月24日 07:29


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。