高温注意報

気象庁って・・・お堅い役所ですねぇ・・・・

日本には四季があります。そのお陰で、花鳥風月など・・・風流と申しますか、自然の風情を楽しむことができます。東北地方も・・梅雨入り。これで、日本中(梅雨のない北海道を除き)が、雨と共存しつつ夏を迎える準備に入りました。

えっ・・・沖縄地方は梅雨明けですって?えっ・・・今年は空梅雨ですって?なんと・・・・風情のない。
紫陽花に・・振りかかる雨だれを楽しみながら、一句・・・などと思っていますのに・・・・。

風情がないって言えば・・・気象庁です。テレビの気象情報・・・「台風が接近しています。何を気をつけたらようでしょうか」・・・・「ハイ。激しい雨と強い風が予想されます。台風の進路に当たる方は、風と雨に気をつけて下さい」とキャスターとお天気おねーさんが・・・それって、当り前でしょう。(笑)

はたまた・・・・気温ですべてが計れるものでもないのに・・・30度以上は夏日と決め。夜に25度以上だと熱帯夜だと・・・。ふうりん、うちわ、蚊取り線香、よしずにすだれ・・・・夏の風流だとか、生きとし生けるモノの風情とは全く関係なく・・・猛暑が予想されるにの・・・いかにも機械的で冷たい。

で、今年は、新たに「高温注意報」なる情報を発信するそうです。原発事故の影響を受け、節電で冷房が控えられ、熱中症(?)に掛る人が増える可能性があるから、35度以上を猛暑日と決め、来月から・・・都道府県ごときめ細かく発表するとのこと。

それは・・それで、大切な情報です。大いに参考にさせてもらいたいと思うのですが・・・・本日は気温35度以上になります。熱中注意報が出ました、外出をしないように・・・ってことですよねぇ。私にはどうも息苦しい・・・箸の上げ下ろしまで、干渉されているようで。

それも、お年寄りは気をつけて下さい。とくれば、気象庁は・・・この国の高齢者は一体全体・・・・何度、夏を、冬を過ごしたと思っているのでしょうか?暑さ寒さの管理もできない高齢者なんていない筈です。

それを・・・事細かに注意する。気象庁だけではありません。国も地方自治体も・・・そして、報道するメディアもです。熱中症での死亡事故が起こる・・・・すると。だから、「高温注意報」を出したでしょ。と自分達の免罪符のための「高温注意報」の気がしてなりません。だから、息苦しい。

日本には四季があるのです。季節を数値で表すのも重要でしょうが。もう少し、雨の恵みに感謝する。夏の日照に感謝する。そして猛暑を楽しむ。そんな風情ある人間になりたいもんです。

それにしても、気象庁ってお堅い役所ですね。          Goto


投稿者: 後藤 日時: 2011年06月17日 07:02


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。