起業家新聞

経済成長原則をことごとく潰して・・どこに行くつもりですか?

国力が落ちたとしきりに言われるが・・・あの頃の熱気が嘘のようにない。消えてしまったのだから・・そう言われても致し方ない状況にこの国はあると思う。

あの頃の熱気とは・・・・国力を付けるには、起業が必要だ。ベンチャーを育成すべきだ。アントレプレナーを養成せよ・・と、国を挙げての起業ムードの時代のことである。自民党、小渕政権、森、小泉内閣の頃までは・・・盛んに言われた。

その・・・象徴的な人物が、IT起業家ホリエモンであり、投資家の村上某氏であろう。二人とも、世論を敵に回した結果・・・それぞれの言い分はあるのだが・・・塀の中に沈められてしまった・・・。

経済が力を付けなければ国力は強くならない。大震災を契機に、国力すなわち経済力よりも、日本人の心だとか、精神を磨けと声高に語る文化人が増えたが、そんな人達は、すでに保身するだけに財力を身に付けた人が多い。

経済を軽視して、国民の胃袋が満たされると勘違いしてもらっては困る。経済成長の原則は幾つもあるわけではない。労働人口の増加。これが一番の困りモノである。解決には移民しかないのだが。精神論を唱える人には到底受け入れられないであろう。

資本投下の増加。資本と聞けば拝金主義だと直ぐに反応する人がいるが、資本が投下されねば産業は起こせない。生産性の向上。週休二日に、祝祭日に、祭日と祝日の間の平日を休日にするなんて、働くな。働くなと国家を挙げて休みを増やして・・・どうして生産性が上がるのだろうか?

貿易の振興。日本の様な資源のない国は加工貿易で成り立つ以外に方法が無い。にも拘らず、為替に無関心な中央銀行にはまったく理解不能である。それに設備投資の増加。企業がモノを造るには設備におカネを使わなければ・・良い品物はできない。にも関わらず、電力まで規制して、設備投資ができるわけがない。

それに個人消費の増大。消費税を増税して、社会保障費を増額して、どうして、個人消費が伸びるのか?経済の成長原則に叶わないことばかりが先行する。現行の・政治の方向では・・・国力が落ちるのは当然と言うことになる。だれが、こんな経済衰退を推奨する国にしてしまったのだ・・・と愚痴りたいのだが。

責めてものモノ慰めだが・・・・毎日新聞に「毎日起業家新聞」と題した企画特集が組まれている・・・内容的にはとても、若者を起業に駆り立てるほどのモノではないが・・・・その試みや良しとせねば、日本経済の先は真っ暗でしかない。    

私は、マスメディアが日本経済を活性化させるためアントレプレナーとかベンチャー精神を持った若者が奮い立つようなキャンペーンを張らねば・・・日本経済いや、日本の国力は益々先細りになっちゃう・・・・と心配で仕方がない。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2011年06月28日 07:11


中広様

Good morning, everybody in the world. We are a global community.
つながろう国際社会プロジェクト!我々は人道支援することで国際社会全体とつながることができます!

http://www.ictkotou.com/

投稿者: 夏原健次 | 2011年06月28日 15:12

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。