i文庫

還暦過ぎの手習いでは遅過ぎますね・・・

中学生までに読んでおきたい「日本文学」・・・名作短編がぎっしりつまった「全10巻」があすなろ書房から発刊されています。その新聞広告(写真参照)を眺めながら・・・読んでない数の方が多いなぁ・・・とため息を付いています。

人間の頭脳は無限大です。様々な情報を入力すればするほどに、機能します。とりわけ、若いうちに多くの文学に接しますと・・・幅と申しますか・・奥行きの深い人間になると言われています。そして実社会で遭遇する様々な出来事に・・・対処する・・多くの抽斗ができます。

還暦過ぎて・・いまさら・・・遅いかもしれませんが。でも、人生は死ぬまで勉強、学習だと思っています。だから、全巻を購入して・・・読んでみようかと思っていましたら・・・

「君・・・iPad・・・使ってるんだろ」「今や手足と同じさ」「だったら・・・i文庫を開いてみろよ」「この広告に掲載されている作者の作品は粗方収納されているよ」「えっ・・・そうか。そうだよね」「著作権の切れた作者の作品が数千冊は読めたよねぇ」

で、早速・・・・開いてみますと・・・作者で検索して・・・ざっと千人近く登録されています。この全10巻に収録されている作者のほとんどが登場します。(図書館を持ち歩いているようです)

ではでは、全10巻の内・・・・どこから読んでみるか。「9巻の食べる話」の・・・「芥川龍之介」芋粥あたりから。。。中学生になった気分でスタート・・・電子書籍の始まり始まりです。

本は・・・購入して読むモノだと・・・。情報は・・・無料ではない。有料なんだ。と思い込んでいましたが、時代は、すでに大きく変わってしまいました。ネット社会では・・ひと昔前の本なら、情報と同じで無料で入手する時代になりました。

そうだとすると・・・産まれた時から、携帯やアイフォーン、PCで育つ子供達は、膨大な本の中で育っていることになります。だとしますと、中学生までに読んでおきたい「日本文学」をいつも手元に置いて持ち歩いているってことになりますね。

・・・本を一杯読んで・・・無限大の頭脳を活躍させて欲しいと願います。    Goto

iii.jpg ii.PNG i.PNG


投稿者: 後藤 日時: 2011年07月02日 06:45


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。