ストレステスト

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い・・・のも分かりますが・・・正鵠を射て欲しいモノです。

どうしても・・・メディアの編集者にお尋ねしたい。原発の安全性を極限まで・・・想定外まで想定して、安全試験をするストレステストは必要だと考えるのか?それとも、実施すべきでないと思っているのか?

衆院の予算委員会で、首相が「ストレステストの実施を表明したら・・・思い付きだとか?唐突だとか?佐賀の玄海原発は「国が責任を持つ」と経産大臣が、稼働を容認したのに・・・テストの実施を表明するのはちぐはぐだとか?枝葉末節的な批判を繰り返し、さも、ストレステストは必要ないとの論陣を張っているように思えるのですが?

福島原発の大惨事がいまだ終息していない状況で、国民の不安は最高潮に達しています。中電に浜岡原発の停止を要請した時も・・・メディアは概して、手法が悪いとか?電力不足をどう考えているのか、所詮は支持率狙いのパフォーマンスだとか?批判してました・・・・、

欧州の国々が、フクシマの事故を受け、次々とストレステストを実施しているのに、IAEAも奨励しているのに、首相が実施すると言うと、なぜ、その中身や必要性には触れないで論点を逸らしてまでも批判のための批判をするのでしょうか?

もう一度・・・お伺いしたい・・・・これだけの大惨事に遭遇して、安全性を総合評価するストレステストを菅政権で実施すると・・・齟齬が生じるのでしょうか?他の人が首相になれば・・・ストレステストは完ぺきに実施されるのでしょうか?そんなことがあろうはずはありません。

メディアが如何に、いい加減かメディアの論調の象徴的な批判・・・「ストレステストは周辺住民の不安を取り除く意味合いは大きいが、実施すれば現在点検中の原発の再稼働は大幅に遅れる。来春まですべての原発が停止し、深刻な電力不足を招く」です。

いい加減だと思いませんか?住民のストレスが解消されることになんの疑問があるのでしょうか?無条件で実施すべきです。それなのに、実施すれば原発はすべて停止になる。そうなれば、電力不足が生じ、日本経済も、国民生活もめちゃくちゃになってしまう・・・と言っているようなモノです。

これって、脅し、恫喝じゃないですか?社会的影響の最も少ない方法で、かつ、速やかに実施すべく、知恵を出せば良いと思います。そんな単純な知恵ぐらい・・・小学生でも出せるじゃないですか?

それにも関わらず・・・・国民の不安解消の前に、経済が混乱すると脅す・・・・とても正常は判断ではないと思います。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と申しますが・・・・こんな、「菅憎けりゃ、安全テストまで憎し」じゃ・・・・あまりにも、無茶苦茶です。佐賀県知事も、玄海町長も、原発マネーに目がくらんではいけません。

政府がいかにちぐはぐであろうとも、住民の暮らしと命を守るのが、首長の仕事です。早急にストレステストを玄海原発から・・・実施すれば良いことです。

メディアには原発問題で最も重要な「隠れた欠陥がないかどうかを調べるリスク管理手法」であるストレステストを実施すべきなのかどうか?菅政権の不手際や能力とは関係なく・・・・正鵠を射いてもらいたいモノです。         Goto

投稿者: 後藤 日時: 2011年07月14日 07:14


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。