モバイル通信の進化

明日へチャレンジする・・・企業の姿・・・・・

情報社会は・・どれほど、高度化するのか?通信産業のイノベーションはどこまで進化するのか?高度化は社会生活にどれほどの、利便性をもたらすのか?広告の世界をじっくり眺めていますと、先進的企業の取り組みが丁寧に紹介されていて、行く末が見えるモノです。

読売新聞で4回に渡り連載された「ドコモ」の特別企画「明日へ挑む」は、モバイル通信の可能性に言及。ドコモが、人々がモバイルの持つ移動性や携帯性や機能性をフル活用して、如何に豊かな暮らしをサポートできるかを・・・解説しています。

ドコモは「ソーシャルサポート」として、以下の分野を紹介しています。環境・エコロジーの見える化。金融・決済の方向。観光・医療の情報。教育の新たなかたちです。つぶさに読んでみて(写真参照)、私が納得したのは・・・「できたらいいな」を具現化するってことです。

「あったらいいな」は製薬会社が次々に発表する日用雑貨商品のCMですが、「できたらいいな」は、「いつでも、どこでも、誰も」が求める・・・・情報やサービスの適宜提供です。

情報社会(モバイル通信)は益々進化しています。

新たなサービスをおっくうだと、引いてしまうのか?それとも、こんなサービスがあれば、もっと豊かで、幸せになれるのだがと、積極的に利用、活用しようとするのかは、それぞれの勝手ですが、ドコモのように真摯に・・イノベーションを推し進めている企業が・・・時代を動かしていることも、新聞広告から、理解して頂けたら・・・・広告冥利に尽きるのですが。          Goto

P1050399.jpg P1050400.jpg P1050401.jpg P1050402.jpg
9/13読売新聞     9/14読売新聞     9/15読売新聞     9/16読売新聞


投稿者: 後藤 日時: 2011年09月26日 07:18


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。