あばよ、談志師匠

非常識こそ・・・・人間の本質だ。

死にゃあ・・・こんなに褒めちぎられるのかい。馬鹿馬鹿しいったりゃありゃしねぇ。市井の人なら、そりゃあ、あの人は、いい人だったと、残された人や、周りの人が、惜しむのも、そりゃ、それが浮世っていうもんだろうが・・・・。

なんだ。なんだ。たかが、ばかばかしい・・・落語家風情が死んだぐれぇで。ニッポンじゅうの、メディアが、大騒ぎ。あの、きぐれぇのたけぇNHKが夜9時のトップニュース。新聞なんぞは・・・全紙だぜ。一面5段抜き。こんなの、元総理大臣の死亡記事より大きい扱いだ。そんな価値があるのかねぇ・・・・。

それに、読売なんか・・・文化面で、「さよなら。立川談志さん」って、バカほめの特集を組む。言いたい放題、他人を容赦なくたたく芸で最後まで押し通した談志は立派だと。何が立派だ。毒舌がうけてテレビメディアの寵児になっただけ。テレビ時代のあだ花じゃねぇか。

おまけに、衆院選にでるは、参院議員に間違って当選するわ、それでもって、沖縄の苦悩を茶化して、クビ。ゼエ金の無駄だだったてことよ。芸能記事なんて書かない・・日経までもが・・・「常に落語とは何か、人間とは何ぞやと模索し続けた男。非常識が人間の本質ではないと喝破し」「落語は人間の業の肯定である」と定義し・・・・

後年それを突き詰め、非常識の奥の深層心理を笑わせながら引きずりだす「イリューション(幻想)の世界をめざした。と・・・・わけのわからない理屈で、褒めまくる。

いかに希代の噺家かもしれねぇが、、たかが落語家の死に・・・この加熱報道。この国の、メディアの価値観って、どうなってるの、「こんな報道に頷いてる国民じゃぁ・・・この国に明日はねぇな・・・・狂ってるんじゃねぇのかい」と、草葉の陰で・・・談志師匠が毒づいているのが、聞こえるぜ。

人が死ねば悲しいのだが。。。、落語家だけは、死んでも(笑)飛ばさなくっちゃいけねぇよ。
閻魔様の前でも毒づいてるだろう・・あばよ・・・談志師匠。  笑点ファンのGoto

投稿者: 後藤 日時: 2011年11月29日 06:23


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。