年末スポーツ雑感

落合博満監督の退任は、淋しいね。

今年のプロ野球、ドラゴンズとホークスの日本シリーズは圧巻だったね。競り勝つ落合野球はハラハラして、これぞプロ野球だったね。

ストーブリーグ。選手よりも、フロントが賑わうのは、情けない。ジャイアンツ。老害オーナーとGMの乱闘は法廷に。ベイスターズ。高田GMと工藤投手の監督就任辞退も、同根。その結果、工藤の投球は見られなくなった。

大リーグのGMを話題とした、映画マネーボールを、観ると、中途半端なGM制を敷く日本球界のあり用が問われよう。ソウトバンク。杉内投手のゴネ得で、憧れのジャイアンツへ。そして、矢面に立たされた球団役員は辞任。

観客動員数がピーク時より19万人減少したドラゴンズ。勝つことにこだわる落合野球を切り捨てたフロント。OBに睨みが効き、球団との関係が良好な高木監督に。内向き監督で、果たして、強いチームが作れるのか?ファンは甘くないと思うのだが?

大相撲をスポーツと見るのか?伝統文化なのか?流石に、携帯で星の売買はやり過ぎだが。
形式とか、シキタリとか、曖昧模糊とした部分を全否定して。果たして、観客が戻るのか?大いに疑問が残った八百長騒動。公平、公正な社会が、善ですかねぇ。

柔道ニッポン。女子陣の活躍には、田村亮子さんも含め、目を見張る。
男子陣については、コメントすることがない。ロンドンに向け、良い薬になれと。

それにしても、諦めない。集中心を切らさなかった、W杯でのなでしこジャパン。私は、文句なしに、今年のスポーツ十大ニュースのトップだと思う。彼女達なら、如何なる誘惑にも負けず。来年のロンドンでも、感動を与えてくれるに違いない。

私の早朝ウォーキング。今年も元旦から、欠かさず続けることができ、1年と5ヶ月になる。
よくも、飽きずにと、家人に馬鹿にされつつ、今朝も、これから、至福の時間を過ごす。随分、体調が変わってきた。(因みに、ゴルフの朝は、歩かなくしてます)これはスポーツじゃないか。

今年のスポーツ界。我らが、落合博満監督が去ったのが、返す返すも淋しいが、野球、大相撲、柔道、サッカーのみならず、全てのアスリート達に感動をありがとう。と申し上げたい。

来年は、オリンピックの年。各選手には、夢に向って、頑張って欲しい。野球はなくなったが。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2011年12月27日 05:55


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。