呼子

他人に関心を持つ時代であって欲しいと思います。

池波正太郎の鬼平犯科帳。山本周五郎のさぶ。江戸時代、御用聞きが、犯人を見付けた折。仲間に知らせる笛。それを呼子といいます。

アイデア商品。ワールドメディカルホイッスルなるモノを、頂きました。(写真参照)
携帯のストラップに付けなさいと。このホイッスル。アルミ製で、吹きますと高い音で鳴り、約100m四方に聞こえるそうです。

また、一部空洞(カプセル)になっていて、そこに、健康情報を書き込んだシールを入れることができます。書き込む内容は、住所氏名。血液型。主治医。持病。服用薬、薬品アレルギーなど。

で、緊急時。身動きができなくなった場合。そのホイッスルを吹いて救助を求める。救急隊員が、駆け付けた際、カプセルから、健康情報を取り出し、救命対応をする。そんな、按配の商品です。

物騒な世の中です。事故や震災時での対応の見ならず、街頭での犯罪も多発しています。
個人で防衛手段を考えなければなりません。そんな時代に、呼子で、救いを求める。

簡易な方法で、素晴らしいアイデアです。普及して欲しいものです。
問題は、指名手配者でも17年も潜伏できる社会です。都会ほど、他人に無関心。

呼子の音に反応して、駆け付けてくれる市民がいるかどうか。
私は携帯につけ、会議の始まりに、合図として吹いてみようと思いますが。Goto

P1050564.jpg P1050562.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2012年01月14日 06:58


 いつも御社のフリーペーパーを愛読しています。
おととし就職で滋賀県に引っ越しました。

正直地元より田舎。周囲に親しい人もおらず、情報もない。
どこにどんなお店があるのか全く分かりませんでした。

そんなとき郵便受けにあった「ぼてじゃこ」に助けられました。
自分の住居の近くにこんなにお店があるのか、と素直に驚きました。
自分の住む小さな世界の魅力を教えてくれました。

会社の人にも「ぼてじゃこ」を見せて、このお店で食事してみたい!と誘って仲良くなれました。

ファミリー向けに作られているかもしれませんが、一人暮らしの私にもとっても有難いものです。
地元密着のフリーペーパーが、地域に関心を持つこと、
孤独感から救ってくれることにつながると実感しました。

と、他人に関心を持つから連想したのでコメントしてみました。

投稿者: もり | 2012年01月15日 15:17

ご利用ありがとうございます。
まだまだ、情報量が不足ですが、スタッフ一同毎号心を込めて作っています。こんな嬉しい、コメントはありません。情報誌冥利に尽きます。
ご意見、ご批判などいただければ幸いです。
引き続きのご愛読お願い申し上げます。
Goto

投稿者: Goto | 2012年01月15日 19:46

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。