ファンと共に

蛇足ならゴメンなさい。シーズンOFFに鍛えなければ・・・・

三寒四温って申しますが、今年の2月は、例年比べてずいぶん寒い気がします。
統計では、平年と変わりない。なんて、気象庁は発表してますが。

何事でもそうなんですが、シーズンOFFに身体を鍛え、本番でその成果を発揮する。
取り分け、スポーツの世界は、その傾向が強いようです。だからウインタースポーツ以外は。この時期に鍛える。

私のウォーキング。目的はドライバー飛距離20ヤードUP。ゴルフの場合、1・2月がシーズンOFF。この時期に、うんと鍛えて、芝が青くなる頃には成果が出るようにと、寒風を突いて、足腰強化に精を出してますが。さてさて、どうなりますことやら。

そもそも、身体を鍛えるなんてことは、単調で孤独、面白くない作業です。

軟弱な私など、なんで暗いうちから。必死になって歩くのか。別段、止めてもどうってことないのに。なんてブツブツ、言いながら、明日は止めてしまおうかなんて。でも、自分で決めたこと。途中で止めるのは沽券に関わる。末代の恥なんて、大仰に、考え直して、シーズンINを楽しみに、続けています。

私なんぞが、少々、鍛えているなんてことはどうでも良いのですが。
気になるのは、終盤を迎えたプロ野球のキャンプ。我らがドラゴンズのキャンプ便り。

なんでも、「ファンと共に」などと柔らかなスローガンを掲げ、監督自ら、連日サイン会などおやりのようで、選手も、グランドにファンを入れて、一緒にランニング楽しんでいると。

キャンプで、とことん身体をイジメ抜かないと、シーズン途中で、バテがきて、長丁場を戦えないと、死のキャンプを張った昨年とは大違い。老婆心ながら、OFFに鍛えないで大丈夫かと心配です。

ファンサービスに血道をあげる原因は、リーグ連覇にも拘らず観客動員がピーク時から30万人減少。1試合平均の動員数が3万人を割り込んだのは、「勝つことが最大のファンサービス」と豪語して、ベタベタのファンサービスを怠った落合前監督が悪いからだそうで。

そうかもしれません。勝負の世界です。シーズンが始まれば、自ずから結論が出ると思います。
OFFに鍛えなければ、必ず故障者がでます。それが心配です。もしも負けが込めば・・・

タイガースなら、負けても負けても、ファンが足を運ぶようですが。果たして、にわか作りの「ファンと共に」で、ドラゴンズファンがこぞって、名古屋ドームへとは?

野球選手は個人事業主です。シーズンOFFに浮かれて身体を鍛えることを怠れば、泣くのは自分だと自覚した方が良いと思いますが。蛇足ならゴメンなさい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2012年02月25日 06:26


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。