大衆迎合

上を向いて、履いた唾は自分に降りかかるモノ。

政治家は選挙を気にする。即ち、国民・有権者の意に反する政策や、望まないことは決断しないで、先延ばしする。そのことを、大衆迎合と言うのだが。最近、政治不信や政治による経済、社会の停滞の原因は、政治家の大衆迎合に問題があるとの声が大きい。

野田政権が命運をかけて取り組む、社会保障と税の一体改革。消費税増税が取り沙汰される。与野党の政治家はどう動くべきなのか。小選挙区。50%の支持を得ようとすると、有権者に耳触りの良いことを言わねばならぬ。だから、増税には反対の行動を取らざるを得ない。

だから、ポピュリズムが政治家の行動原点になり、政治が行き詰まる、有権者の上をゆく志を持たないので、袋小路に入って、動きが取れなくなる。政治家の志のなさを嘆く人が多い。本来政治家は、私はこう思うので支持してください。と言わねばならぬのが、皆さんの声を聞かせて欲しいなどと、主義主張を表に出さない。だから、重要課題に直面すると、判断できなくなる。

それに、メディアのご都合主義。その場その場で勝手な論評をするのをご都合主義というのだが、昨今の政治記事。大衆迎合のご都合主義だから、始末が悪い。そんなメディア報道に右往左往するのだから、動けない軟弱な政治家が多くなるのも仕方がないだろう。

あえて、私は申し上げたい。有史以来、政治家とは、独裁でない限り、大衆迎合なのです。ましてや、主権在民。政治家は所詮、有権者のしもべである筈。それが日本的民主主義の世。

だから、政治家の大衆迎合批判はお門違い。大衆迎合を批判するなら、ブレない野田首相は評価せねばならない筈。でも消費税反対だからとブレない首相を批判する。何とも矛盾した話。

この国民にして、この政治家。この国にして、このメディア。上を向いて履いた唾は、自分に降りかかるモノ。この国の体たらくの責任は、すべて、国民にあると思うのだが。勝手な言い草だろうか。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2012年03月07日 06:08


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。