ゾンビ

地域政党が、評価されるのも分かる気がする。

政治向きの話題となると、俄然、メディアの責任を追求したくなります。
昨今の、政治。取り分け、何事も決められない国会には、呆れてしまいます。

議員定数の削減。最高裁が違憲判決を下した選挙区の削減ぐらいは、さっさと決めろ。と思わず。命令調なります。が、なぜ、もたもたしているのか?ここに来て分かってきました。

選挙制度を変えたいのです。それも、先祖返りがしたいようです。自民・民主の長老議員が発起人となり呼びかけた「衆議院選挙制度抜本改革をめざす議員連盟」総会に自民から共産までゾンビ政治家が、こぞって詰め掛けて・・・・

この連中の抜本改革とは「中選挙区制」の復活。定期的に開かれる勉強会では、前衆院議長の河野洋平氏が講師で「小選挙区比例代表並立制導入時の自民党総裁として、署名したのは間違いだった。不明を詫びる」と謝罪。

「当時、政治改革をみんなが叫び、政権交代の必要が言われたが、中選挙区を変えなくともその可能性は出てきた。状況の認識は正しくなく、政治改革は矮小化された。今になってみると、こと志と違った」と。責任のなさに呆れる。

中選挙区制に戻せば、最高裁の違憲判決を無視できる。そうなれば、5減の必要はない。それが、へんな議連を作って、もたもたと、先延ばししている要因。最近は、それに、メディアも乗っかって、中選挙区制の効用を論じ始めた。

私に言わせれば、自民党で始めて首相の座につけない総裁となった河野洋平氏。つまりは、ゾンビ政治家達に押し付けられた総裁。その腹いせに、選挙制度改革に署名したのであって、ボンボン政治家の帰着するところ、今更、不明を詫びられても、困惑する国民の方だ。

それにしても、あの頃、政権交代を煽りに煽って、選挙制度を改革すべしと論陣をはった、メディアが、今度は、先祖返りせよと、言い出すのだから。メディアもゾンビと言わねばなるまい。

河野氏の子息太郎衆院議員は、「選挙制度を変えて、まだ二回しか総選挙を実施していない。もう少し、我慢して、この制度を定着させ、政権交代可能な二大政党を成熟させるべきではないか」と。最もな意見だ。

永田町にゾンビが横行し、時計の針を、止めたり、戻したりする。それが、何も決められない政治の実態なのだが。それを、監視し、批判するはずのメディアもゾンビなのだから、何とも、始末が悪い。

しかし、国民はゾンビに気づき始めた。だから、既成政党を否定して、地域政党に目を向ける。さてさて、ゾンビメディアがどうするのか?注視する必要があると思うのですが。Goto


ゾンビとは、死んだはずなのに、呪術などで、生きた姿で現れる魔物。

投稿者: 後藤 日時: 2012年04月11日 05:52


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。