電気料金

原発フル稼働なら、いくら値下げできるのでしょうか?試算を知りたいものです。

先進国日本。戦後の豊かさは日本人の勤勉さと、様々なイノベーションによってもたらされた。それらを支えた根幹には電力エネルギーの安定的供給にあったのは言を俟たない。その電力供給が、福島の原発事故により危機に瀕している。

私達庶民が、いま、真剣に考えなければならないのは、物質的な豊かさの一時停滞を享受できるのか?それとも危険を覚悟で、早急なイノベーションを求め、文明を進化させるのか?である。

福島の原発事故処理にいったいいくらの費用が掛かるのか?現時点では、だれも見通せない。
しかし、それを賄うのは電気料金か。税金しか方法はない。

その東電は処理費に前年度で6333億円をあて、12年3月期も3千億円計上した。
原発停止による影響で火力発電所がフル稼働。燃料費が高騰を続けている。

東電の決算は7800億円の赤字。今期も赤字を解消することは不可能な状態である。いくら、経費を削減しようと経営が成り立つとは思えない。国家が管理して再建する以外に道はない。政府は1兆円の保障を決定。実質的に国有化。新たな経営陣を決めた。

東電の再建を担う新経営陣。火中の栗を拾う覚悟を迫られたことと拝察する。難局を引き受けた以上は、全知全能を傾注いただき、国家国民のために。福島の被災者のために。電力の安定供給のために、ぜひ、頑張って頂きたいと心から願う。

再建計画の柱に、家庭向け料金の値上げが示され。メディアが一斉にこの問題を取り上げている。消費増税もそうだが。生活の根幹をなすインフラの値上げを喜ぶものなど一人もいない。
それに、付け込んで、反対のボリュームを上げるのは如何なものか。疑問である。

反対の理由は、東電の説明責任が果たされていない。積み上げ方式の予算組はおかしい。そもそも隠蔽体質。どうせおざなりの値上げ幅。などなど。小沢何某に対する批判と全く同じ手法。魔女狩りの様相を呈している。私はとても危険な兆候だと思う。

では、反対する人に問う。夏の電力不足が生じた場合。停電を容認するのか。いや。原油やガスの高騰で、燃料費が賄えず、電力供給が減少した場合には停電を容認できるのか。そんな筈はない。値上げしなくとも、十二分に供給できるはず。そんな脅しには乗らないと、いうだろう。

そうかも知れない。でも、原発事故が起こる前には、全供給量の30%が原発依存だったのだから。全ての原発を停止すれば、代替と節電で賄っても、難しいと考えるのが普通ではないか。所詮、正確な数字は分からないのだから。

私も、値上げには反対だ。むしろ、原発をフル稼働すれば30%の値下げは可能だと主張したい。
出したくても、出せない指標でしょうが。原発をフル稼働し。そして、原発停止状態の究極のコスト削減でいくらの電気料金になるのか示して欲しい。(現在と真逆だが)

この際だから、他の電力会社にも試算してもらいたい。
万が一。それでも値上げが必要ならば。電力会社すべて、解散。国営化もやむなしだと思う。

私には、値上げに反対する人達の根底に。原発廃止があると思っています。
私も原発は廃止すべきだと思っている。しかし、現在、原発からの供給を止めたままならば、料金値上げは不可欠だと思っている。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2012年05月16日 05:36


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。